3Dプリンター

Revo Foodsが3Dプリンターで作製した代替サーモンを初発売、スーパーでも販売開始

 

オーストリア企業Revo Foodsが3Dプリンターで作製した代替サーモンを発売した。同社は自社リンクトインで、今月14日に代替サーモンの切り身「THE FILET」を発売することを発表した

「THE FILET」は、オーストリアのビーガンスーパーマーケットBilla Pflanzillaで14日より販売されるほか、オーストリアのビストロレストランのAdlerhofBistro Verdeで提供される。

ドイツオーストリアの消費者はオンラインストアで本日より購入できるが、本記事を書いている時点ですでに完売と表示されている(15日現在、購入できる状態になっている)。10月1日からは欧州の他の国からもオンラインストアで購入可能となる。

Revo Foodsは数年前から、代替サーモンの開発に3Dプリンティング技術を活用してきた。2021年3月には3Dプリンター製サーモンの試食会を初めて開催した

同社は2022年に欧州での販売を600箇所から3000箇所へと拡大し、欧州21ヵ国への進出を実現しているが、これまでに市場に投入した製品は、3Dプリンター製ではないスプレッドサーモン、スモークサーモンだった。

2020年の創業から3年。ついに3Dプリンターで生成した代替魚の発売を実現した。Foovoの認識では、3Dプリンターによる代替魚の発売、小売店での発売は、いずれもRevo Foodsが初となる。

Revo Foodsが3Dプリンター製の代替サーモンを初発売

出典:Revo Foods

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Revo Foods

 

関連記事

  1. 菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyFor…
  2. 微細藻類で代替タンパク質を開発するBrevelが約25億円を調達…
  3. CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細…
  4. 植物の葉緑体を活用して成長因子を開発するBright Biote…
  5. Vowが絶滅マンモスのDNAから培養マンモスミートボールを作製
  6. 精密発酵タンパク質のB2B生産プラットフォームを開発するFerm…
  7. 米イート・ジャストがシンガポール最大の植物性タンパク質工場の建設…
  8. 培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ZIKIがロボットキッチンのBowlton Kitchensを買収

1時間に300の料理が可能な料理ロボットを開発する米スタートアップ企業Bowlt…

キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウドファインディングをスタート

植物肉という食の選択肢を広げるために、早稲田大学などの学生による学生団体Plan…

オランダのビーガンシーフードスタートアップMonkeys by the Seaが約5700万円を調達、ビーガンツナなどの販売へ

オランダのビーガンシーフード企業であるMonkeys by the Seaが、プ…

菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichromaとは

アルゼンチンのMichroma(ミクロマ)は菌類を活用してビーガンな赤色着色料の…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/21 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/21 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP