Foovo Deep

カスタムメイドの代替砂糖を開発するイスラエルのSweet Balance【創業者インタビュー】

 

妥協なき代替砂糖の開発に取り組む会社がある。イスラエルのSweet Balanceだ。

代替砂糖に取り組む企業は数社確認されているが、Sweet Balanceの強みは、カテゴリ毎に代替砂糖をオーダーメイドできることにあるという。

Sweet Balance共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のYoav Dagan氏に現状の取り組み、今後の展望について話を聞いた。

巨大な代替砂糖市場

Yoav Dagan氏 出典:Sweet Balance

インタビュー冒頭でDagan氏は、「代替砂糖には大きな市場があります」と述べた。

Future Market Insightsによると、代替砂糖市場は2023年の171億3000万ドル(2兆5400億円)から2032年には285億7000万ドル(約4兆2300億円)へ成長すると予測される。代替砂糖が求められる背景には、糖尿病など生活習慣病の増加と、食品・飲料メーカーにおける健康志向食品の製造需要がある。

WHOは成人・子供が1日に摂取する砂糖摂取量を総エネルギー摂取量の10%未満に抑えることを推奨しているが、コカ・コーラに16年間に勤めたDagan氏は「砂糖を減らすのは簡単ではありません」と言う。

市販されている代替砂糖は、後味や機能性の面で課題を抱えている。一方、消費者は味に妥協したくない。

Sweet Balanceは、砂糖の味、機能性を備えた代替品がない現状の課題を解決するため、イスラエル・イノベーション庁の資金提供を受けて2021年に設立された。

3つの成分を使用した代替砂糖

出典:Sweet Balance

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Sweet Balance

 

関連記事

  1. 牛乳の全成分を含んだ培養ミルクを開発するカナダ企業Opalia
  2. イスラエルのMarineXcell、独自の核初期化技術で細胞培養…
  3. GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉…
  4. セイバーイートが植物肉用3Dプリンターをアメリカの大学へ初導入
  5. タバコ植物で培養肉のコスト削減を目指すBioBetterが約14…
  6. チェコのBene Meat Technologies、培養ペット…
  7. 中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/…
  8. 米Oobliが精密発酵による甘味タンパク質でGRAS認証を取得

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手F…

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するJooulesが約1.5億円を調達

二酸化炭素を原料に代替タンパク質を開発するニュージーランド企業Jooulesは今…

酵母から脂肪を開発するCultivated Biosciencesが約2.1億円を調達

植物由来乳製品の食感を改善するためにクリーミーな脂肪成分を開発するスイス企業Cu…

ビール酵母をアップサイクルして代替タンパク質を開発するRevyve、今年商用生産を開始予定

代替タンパク質開発において、アップサイクルを取り入れる企業が増えている。…

培養肉用の安価な食用足場を開発するエストニア企業Gelatex|事業開発部長Athanasios Garoufas氏にインタビュー

培養肉の生産では、生体内環境に似た状態を再現するために、細胞外マトリックス(EC…

iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業MeatableがシリーズAで約50億円を調達

オランダの培養肉企業MeatableはシリーズAラウンドで4700万ドル(約50…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP