Foovo Deep

カスタムメイドの代替砂糖を開発するイスラエルのSweet Balance【創業者インタビュー】

 

妥協なき代替砂糖の開発に取り組む会社がある。イスラエルのSweet Balanceだ。

代替砂糖に取り組む企業は数社確認されているが、Sweet Balanceの強みは、カテゴリ毎に代替砂糖をオーダーメイドできることにあるという。

Sweet Balance共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のYoav Dagan氏に現状の取り組み、今後の展望について話を聞いた。

巨大な代替砂糖市場

Yoav Dagan氏 出典:Sweet Balance

インタビュー冒頭でDagan氏は、「代替砂糖には大きな市場があります」と述べた。

Future Market Insightsによると、代替砂糖市場は2023年の171億3000万ドル(2兆5400億円)から2032年には285億7000万ドル(約4兆2300億円)へ成長すると予測される。代替砂糖が求められる背景には、糖尿病など生活習慣病の増加と、食品・飲料メーカーにおける健康志向食品の製造需要がある。

WHOは成人・子供が1日に摂取する砂糖摂取量を総エネルギー摂取量の10%未満に抑えることを推奨しているが、コカ・コーラに16年間に勤めたDagan氏は「砂糖を減らすのは簡単ではありません」と言う。

市販されている代替砂糖は、後味や機能性の面で課題を抱えている。一方、消費者は味に妥協したくない。

Sweet Balanceは、砂糖の味、機能性を備えた代替品がない現状の課題を解決するため、イスラエル・イノベーション庁の資金提供を受けて2021年に設立された。

3つの成分を使用した代替砂糖

出典:Sweet Balance

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Sweet Balance

 

関連記事

  1. 英Jack & Bryがジャックフルーツを使った代替切…
  2. ジャガイモで卵白タンパク質を開発するPoLoPoが約2.3億円を…
  3. 精密発酵でカカオバターを開発する米Seminal Bioscie…
  4. 精密発酵でヘムを開発するPaleoが約17億円を調達、植物性食品…
  5. 英Ivy Farm、欧州最大の培養肉パイロット工場をオープン
  6. 発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foo…
  7. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…
  8. CO2を原料にタンパク質開発する米NovoNutrients、カ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

シンガポールの精肉スーパーHuber’s Butcheryが来月から培養肉を販売

シンガポールで培養肉が販売されてから2年。これまでに販売認可を取得した唯一の企業はアメリカのイート・…

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000…

2021年の代替タンパク質投資額は50億ドルとGFIが報告、2020年の約1.6倍に成長

代替タンパク質の普及を推進する非営利団体Good Food Institute(…

培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パイロット工場の完成・年内にテスト販売へ

細胞を培養して水産物を開発するBlueNaluが6000万ドル(約62億円)を調…

「本物のようにほぐれる」ホールカットの代替タラを開発するアイルランド企業Sea&Believe

アイルランドのスタートアップSea&Believeは、ビーガン向けホール…

次回Foovoイベントのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

培養魚企業レポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(12/05 10:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(12/05 20:08時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(12/05 23:31時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/05 17:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/05 09:52時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/05 19:39時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP