Foovo Deep

砂糖削減テックのIncredoが約42億円を調達、商用化を加速

 

砂糖削減ソリューションを提供するイスラエル企業DouxMatokは今月、シリーズCラウンドで3000万ドル(約42億円)を調達したことを発表した。ラウンドは、dsm-firmenich VenturingSienna Venture Capitalが主導し、Teseo CapitalPitangoBlueRed Partnersが参加した。

同社はこれにあわせ、社名をIncredoに変更したことも発表した。

CEO(最高経営責任者)を務めるAri Melamud氏は、「当社の主力製品であるIncredo Sugarが市販され、業界内での認知度が高まっていることから、当社のアイデンティティを Incredoという名前に統一し、コミュニケーションを簡素化することにしました」と述べている。

砂糖削減テックのIncredoが約42億円を調達

出典:Incredo

Incredoは、世界をより幸せで健康的な場所にすることを使命に2014年に設立された。主力製品Incredo Sugarにより、「砂糖の過剰摂取を抑制しながら、美味しさと栄養の改善を実現できる」と考えている。

Incredoは、砂糖の使用量を減らしながら、甘味の知覚を向上させる砂糖ベースの砂糖削減ソリューションを開発した最初の企業だと主張している。

最初の製品であるIncredo Sugarは、天然のサトウキビやてんさい糖を微量の天然担体と結合させ、甘味受容体への砂糖分子の送達を最適化している。これにより、味、食感、口当たりを損なうことなく、砂糖の大幅な削減が可能になる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Incredo

 

関連記事

  1. 精密発酵で代替パーム油を開発するC16 Biosciencesが…
  2. Change Foodsが約13億円を調達、精密発酵の市場投入を…
  3. 砂糖削減に取り組むBetter Juice、ドイツにパイロット施…
  4. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…
  5. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…
  6. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発
  7. カナダのNew School Foods、ホールカットの植物サー…
  8. オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

アレフ・ファームズがイスラエルで培養牛肉の承認を取得|牛肉では世界初

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、イスラエル保健省から培養牛ステーキ肉…

Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが、予約注文の受付を開始したことを発表…

GEAが代替タンパク質の技術センターをドイツに開設

食品・飲料・製薬業界向けの世界大手システムサプライヤーであるドイツ企業GEAは今…

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが米国でGRAS自己認証を取得、乳製品では3社目

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyがアメリカ食品医薬品局(FDA)の…

農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億円を調達、植物のSOSを事前にキャッチ

自らSOSを発する「センサー植物」を開発するInnerPlantがプレシード、シ…

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

植物ベースの代替卵を開発するインド企業Evo Foodsがプレシードで6200万…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/28 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/29 00:19時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/28 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/28 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP