Foovo Deep

砂糖削減テックのIncredoが約42億円を調達、商用化を加速

 

砂糖削減ソリューションを提供するイスラエル企業DouxMatokは今月、シリーズCラウンドで3000万ドル(約42億円)を調達したことを発表した。ラウンドは、dsm-firmenich VenturingSienna Venture Capitalが主導し、Teseo CapitalPitangoBlueRed Partnersが参加した。

同社はこれにあわせ、社名をIncredoに変更したことも発表した。

CEO(最高経営責任者)を務めるAri Melamud氏は、「当社の主力製品であるIncredo Sugarが市販され、業界内での認知度が高まっていることから、当社のアイデンティティを Incredoという名前に統一し、コミュニケーションを簡素化することにしました」と述べている。

砂糖削減テックのIncredoが約42億円を調達

出典:Incredo

Incredoは、世界をより幸せで健康的な場所にすることを使命に2014年に設立された。主力製品Incredo Sugarにより、「砂糖の過剰摂取を抑制しながら、美味しさと栄養の改善を実現できる」と考えている。

Incredoは、砂糖の使用量を減らしながら、甘味の知覚を向上させる砂糖ベースの砂糖削減ソリューションを開発した最初の企業だと主張している。

最初の製品であるIncredo Sugarは、天然のサトウキビやてんさい糖を微量の天然担体と結合させ、甘味受容体への砂糖分子の送達を最適化している。これにより、味、食感、口当たりを損なうことなく、砂糖の大幅な削減が可能になる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Incredo

 

関連記事

  1. Helaina、精密発酵によるラクトフェリンの商用化へ移行、機能…
  2. 米Uprootによる大学向けの植物ミルクディスペンサー|植物ミル…
  3. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?
  4. イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でQatar Fr…
  5. 大手食肉加工のJBS、ブラジルで培養タンパク質の研究施設建設を開…
  6. ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得
  7. イスラエルDouxMatokの砂糖を減らしても甘さが変わらない画…
  8. 微細藻類で代替シーフード市場を目指すカナダのSmallfood

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵セミナー動画-2022年1月開催-

2022年1月に開催した精密発酵セミナーの視聴用ページです。会員の方だけ…

ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFuture Fields

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsは、これまで技術の詳細…

イスラエルのMarineXcell、独自の核初期化技術で細胞培養によるエビ、ロブスター、カニ開発に挑む【創業者インタビュー】

左からYosef Buganim教授、Leonardo Berezowsky氏、Gadi Lipin…

シンガポールのSophie’s Bionutrientsは微細藻類を原料にした代替パテ肉を発表

シンガポールのSophie's Bionutrientsは微細藻類を使った植物性…

EUから出資を受けるドイツの微細藻類スタートアップQuazy Foodsが約1.3億円を調達

ドイツ、ベルリンを拠点とする微細藻類スタートアップのQuazy Foods(旧称…

ビール酵母をアップサイクルして代替タンパク質を開発するRevyve、今年商用生産を開始予定

代替タンパク質開発において、アップサイクルを取り入れる企業が増えている。…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP