代替魚

  1. 培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点-

    2020年12月にシンガポールで培養肉が世界に先駆けて販売されてからもうすぐ2年。2021年には培養肉企業に1年間で集まった投資額としては過去最高の14億ドルが投じられた。現在、これらの資金は生産施設建設などスケ…

  2. 菌類タンパク質の業界団体「菌類タンパク質協会(FPA)」が発足

    菌類由来のタンパク質を開発・製造するスタートアップ企業による、新たな業界団体「菌…

  3. 【現地レポ】シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2022)参加レポート(代替タンパク質にフォーカス)

    2022年10月26日~28日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズにある…

  4. 培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表

    培養魚を開発する米ブルーナル(BlueNalu)は、大量生産に向けた運用コスト・…

  5. 日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製

    日本ハムは、培養肉の生産過程で必要となる培養液の主成分を、動物血清から食品成分に…

  6. 代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-

  7. 酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Food Group

  8. 魚の培養脂肪を開発するインパクファット|日本人研究者がシンガポールで挑戦

  9. 一正蒲鉾がインテグリカルチャー、マルハニチロと培養魚肉の共同研究開始を発表

  10. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉・精密発酵による食品開発強化へ

  11. ドイツのBluu Seafoodが欧州で初めて培養魚製品を発表、2023年にアジア上市を目指す

精密発酵レポート好評販売中

最新記事

PAGE TOP