代替プロテイン

英培養肉企業Ivy Farmとバイオテック企業BSF Enterprise、中国進出に向けて提携

 

イギリスの培養肉企業3D Bio-Tissuesを所有する英バイオテック企業BSF Enterpriseと同国の培養肉企業Ivy Farmが、中国における培養肉の資金調達、発売、規模拡大に向けて提携したことを発表した。

プレスリリースによると、中国は年間の食肉消費量が1億トンを超え、世界の食肉消費量の4分の1以上を占めている。食肉消費の多い中国にとって培養肉は食料安全保障の側面からも無視できない技術であり、中国は2022年、5か年計画に培養肉を盛り込むことを発表した

BSF Enterprise Hong Kong(BSF HK)は、中国市場での販売とパートナーシップを構築するために、BSF Enterpriseと別の事業体として最近設立された。

BSF Enterpriseのマネージングディレクターであり3D Bio-Tissues CEO(最高経営責任者)のChe Connon氏は、「私たちは、重要な成長市場に提供するさまざまな培養肉製品を開発するために、資金調達を実施し、主要メーカーと協力することで、Ivy Farmsの中国市場参入を支援できることを嬉しく思います」と述べている。

出典:Ivy Farm

Ivy Farmは2019年にオックスフォード大学からスピンオフされたイギリスの培養肉企業。同社は高級和牛、アバディーン・アンガス種や大ヨークシャー種の組織から栄養価の高いミンチ肉を生産し、ミートボール、スコッチエッグ、ハンバーガーなどの最終製品を生成している。

同社は2022年8月、イギリス、オックスフォードに年産2.8トンのパイロット工場を開設した。長期的には、再生可能エネルギーのみを使用した施設で1万2000トンを生産し、従来の畜産と比較して温室効果ガスを92%、土地利用を90%削減することを構想している。

BSFは、Ivy Farmが現在進めている資金調達ラウンドを支援し、大量生産用のバイオリアクターに対応するため技術の拡張を促進したいと考えている。

出典:Ivy Farm

Ivy Farmsはまた、BSFの子会社である3D Bio-Tissuesとも協力している。3D Bio-Tissuesは角膜を生産する組織工学を技術基盤に、足場を使用せずに培養肉のプロトタイプを作成している。昨年には、足場フリーの培養豚フィレ肉の生成に成功した

3D Bio-Tissuesとの提携では、アジア市場での培養肉の生産コスト削減を目標に、同社の無血清培地City-mixを使用する試験を実施している。

欧州企業で中国市場をターゲットに取り組むのはIvy Farmが最初ではない。ドイツの培養シーフード企業Bluu Seafoodは2022年4月、中国の培養肉企業CellXと提携した。

 

参考記事

BSF Enterprise (Hong Kong) Ltd and Ivy Farm Technologies Enter Partnership

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Ivy Farm

 

関連記事

  1. Moolec Science、豚タンパク質を作る大豆「Piggy…
  2. Hevo Groupが代替卵製品OUVEGGをスペインのスーパー…
  3. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  4. 米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目…
  5. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  6. 植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を…
  7. 黄エンドウ豆から代替チーズを開発する英スタートアップ、英政府系機…
  8. 微生物とAIで新素材を発見するKingdom Supercult…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替コーヒー開発の最前線:注目のスタートアップ10社とその市場投入動向

コーヒーは世界的に人気のある飲料だが、コーヒー需要が高まる一方で、コーヒー豆の生…

堆肥化できるコーヒーボールを使うCoffeeB、20万世帯に導入|廃棄カプセルゼロを目指す

ひと昔前はコーヒーメーカーといえば、フィルターと粉をセットして、数杯分のコーヒー…

植物の葉緑体を活用して成長因子を開発するBright Biotechが約4億円を調達

分子農業で培養肉用の成長因子を開発する英Bright Biotechはシードラウ…

分子農業パイオニアの英Moolec Science、SPAC経由の上場を計画

植物を活用して動物由来と同等のタンパク質を開発するイギリスの分子農業スタートアッ…

「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2022年2月-|市場動向・新規スタートアップ企業・研究者・政府の動き

イスラエルの代替タンパク質企業は100社以上に上り、うち40%がブレイクスルー技…

培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュー

写真はイメージ画像日本で江戸時代から食されてきたウナギは絶滅危惧種に指定…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/18 13:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/17 22:30時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/18 02:16時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/18 18:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/18 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/17 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP