Foovo Deep

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

 

このニュースのポイント

 

●米国Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を完了

カスタマイズ可能な食用ナノファイバー足場を開発

●脂肪、筋肉を別に培養するのではなく、同時に細胞を異なる細胞へと分化させるワンストップソリューション

●7か国14の培養肉企業と協業している

 

 

オハイオを拠点とする培養肉スタートアップのMatrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施した。

同社プレスリリースによると、調達額は非公開だが、今回のラウンドへの申し込みは超過したという。

Matrix MeatsはIkove Startup NurseryNanofiber Solutionsが協業して立ち上げたジョイントベンチャー

Nanofiber Solutions社で10年にわたり再生医療・組織工学などあらゆる領域に使えるナノファイバーの開発に従事してきたJed JohnsonがCTO(最高技術責任者)を務める。

Matrix Meatsはエレクトロスピニング技術を活用して独自の足場を開発しており、7カ国14社の培養肉企業と協業しているという。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 精密発酵レポート・予約注文開始のお知らせ【2022年7月末発売】…
  2. 代替肉ブランドTiNDLEを開発するNext Gen Foods…
  3. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  4. グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで…
  5. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  6. プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDI…
  7. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  8. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…

おすすめ記事

微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Foods、2022年の市場投入を目指す

アメリカを拠点とするAqua Cultured Foodsは、微生物発酵技術によ…

Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トップ10のレストランと提携

3Dプリンターを活用してステーキ肉を作るスペイン企業Novameat(ノバミート…

世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試食会で発表

ミツバチを使わずに代替ハチミツを開発するMeliBioが、世界初となる代替ハチミ…

米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目指す

植物卵・培養肉を開発するアメリカのイート・ジャストが、今年第4四半期から2022…

米培養肉Upside Foods、カリフォルニアに培養肉工場を開設

アメリカの培養肉企業Upside Foodsは、培養肉などさまざまな細胞農業製品…

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP