代替プロテイン

『ミート・ザ・フューチャー~培養肉で変わる未来の食卓~』が6月9日より都内で上映開始

 

地球が直面する食料危機、気候変動に対応するため、世界中で研究開発が進む培養肉。

培養肉は、温室効果ガス、土地・水の集約利用、動物感染症など、畜産が抱える問題の解決に寄与すると期待されており、100社以上の培養肉企業が設立されている。世界で唯一販売が認められているシンガポールでは、2020年末より一部のレストランで培養肉が提供されている。

動物を犠牲にしない未来の食として期待される培養肉だが、動物細胞を培養して肉を作る新しい方法に対して不安を感じる人々もいるだろう。そんな人におすすめしたいのが、2023年6月9日より公開される映画『ミート・ザ・フューチャー』(原題:Meat the Future)だ。

心臓専門医として活躍していたウマ・ヴァレティ博士が、子供のころから抱いていた食肉生産への疑問を拭えず、医師としてのキャリアを手放し、アップサイド・フーズUpside Foods)というベンチャー企業を立ち上げ、食料システムの改革に挑む歩みを、創業当初から追ったドキュメンタリーだ。

ヴァレティ博士と彼のチームに5年間密着し、1ポンド18,000ドルの世界初の培養ミートボール発表から、培養肉の商用化を目指すアップサイドの歩みを詳細に描いている。

出典:meatthefuture.com

なぜ培養肉を開発するのか。味や食感をどこまで改善できているのか。安全性に問題はないのか。表示をどうするのか。何が使用されているのか。消費者は受け入れるのか。培養肉に漠然とした不安を感じる人が見れば、理解を深められる内容になっている。

製品をまだ販売していない小さな会社が、米国で食品を管轄するFDAとUSDAによる公聴会開催を実現するなど、業界関係者とともに丁寧に議論を重ねてきたことがうかがえる。

培養肉に期待を寄せる人が見れば、差し迫る未来の食への興奮で鳥肌が立つだろう。

ドキュメンタリーが追ったのは、2020年まで。映画のなかで課題として言及されていた動物成分の除去や、建設中の工場は、すでに現実のものになっている。培養肉を知る人にも、知らない人にとっても、開発の初期から振り返ることのできる貴重な作品だ。

『ミート・ザ・フューチャー』はYEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺で6月9日より上映される。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:meatthefuture.com

 

関連記事

  1. 伝統的なチーズ製法で植物チーズを開発するデンマーク企業FÆRM
  2. 英Hoxton Farmsがロンドンに培養脂肪のパイロット工場を…
  3. Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein」の発売を…
  4. 2023年精密発酵業界の全貌:認可企業の動向、2024年予測、C…
  5. UMAMI UNITEDの植物性代替卵「UMAMI EGG」が都…
  6. ビヨンドミートとペプシコがジョイントベンチャーThe PLANe…
  7. 韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を…
  8. TurtleTreeが精密発酵によるラクトフェリン生産を発表、2…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

Index Biosystemsが開発したバイオ由来の微細バーコード「BioTags」、包装に依存しないトレーサビリティソリューション

カナダ企業Index Biosystemsは、バイオベースのトレーサビリティ技術…

コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達

コオロギタンパク質粉末を開発するEntomo Farms(エントモファームズ)が…

Juicy Marblesが植物由来の骨付きリブ肉の開発に成功、今月より限定販売をスタート

スロベニアの代替肉企業Juicy Marblesは今月、骨付きの代替リブ肉を発表…

農林水産省が培養肉、CO2タンパク質生産、泡盛粕のアップサイクル、代替卵などのフードテック企業へ補助金を交付|中小企業イノベーション創出推進事業第1回採択結果

農林水産省中小企業イノベーション創出推進事業の第1回公募の採択結果が発表された。…

シンガポールの培養魚企業Umami Meatsが日本進出を発表

シンガポールの培養魚企業Umami Meats(ウマミミーツ)が日本進出を発表し…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP