レポ

バーガーキングのプラントベースワッパーを食べた正直な感想【何度でも食べたい】

 

日本のバーガーキングで植物肉バーガーが期間限定で販売されている。

商品名は『プラントベースワッパー』

12月11日から期間限定・数量限定で販売されている。

100%植物性パテの味がいかほどのものなのか、当メディア管理人も食べてみた。

今回はその感想をレポートでお届けする。

ちなみに、当メディア管理人は、

 

大の肉好き

ベジタリアンでもヴィーガンでもない

 

という人間なので、肉好きな人には特に参考になると思う。

結論からお伝えすると、

  • プラントベースと言われなければわからない
  • おいしくて、リピートしたくなる
  • ハンバーガーに本物の肉はもういらない

 

バーガーキングのプラントベースワッパーを食べてみた!

話題のバーガーキングのプラントベースワッパーを食べてみた。

1回食べたら予想以上においしかったので、家族にも食べてもらうためもう1回注文。

近くに店舗がないので、2回ともウーバーイーツで注文した。

プレスリリースでは店頭価格は単品590円セット890円となっているが、ウーバーイーツだと1110円と220円も高い!(サービス料・配送料は含んでいない)。

高いと思ったが、店頭でセット価格890円なら、ほかのバーガーと大差ないと思った。

ペーパーにはPlant-based WHOPPERと書かれており、ひとめで植物肉パテとわかる。

開いてみると…

バーガーキングのプラントベースワッパー

バーガーキングのプラントベースワッパー

早速食べてみる。

感想は「想像以上においしい」

 

直火焼きのせいか、口の中に燻製のような香りが広がる。

人によってはこの風味が気になるかもしれない。これが植物肉パテだと知らなかったら、ちょっと燻製っぽいねくらいで、自分は植物肉だと気づかないと思う

あまりきれいでなくて申し訳ないが、食べ途中の写真。

バーガーキングのプラントベースワッパー

植物性パテにピクルス、レタス、トマト、オニオンをトッピング、ケチャップ・マヨネーズがかかっている。

一緒に食べるととてもおいしい

マクドナルドのハンバーガーよりもバーガーキングのプラントベースワッパーの方がおいしいし、バーガーショップはもう本物の肉を使わなくていいと思った

パテだけを食べてみた感想

バーガーとして食べるからおいしいのかな?と思い、パテだけちぎって食べてみた。

植物性パテだけ食べると、う~ん、これは肉ではないなと瞬時に気づくレベル

ハンバーグとして肉だけを食べるのは難しいまあまあおいしいが、肉としての旨味・ジューシーさが物足りない。

それなのに、バーガーだと違和感なく、リピートしたくなるおいしさなのは不思議だ。

バーガーキングのプラントベースワッパーはどのパテを使っている?

一度食べたらおいしくて、2回目も注文してしまった植物肉バーガー

バーガーキングの植物性パテはオーストラリアのv2foodという会社のパテを使っている。

公式サイトには書かれておらず、海外メディアが報じていた。

バーガーキング公式サイトにある「最終加工国」情報「オーストラリア産」であると書かれているので間違いないと思う。

出典:バーガーキング

現に、v2foodはフィリピンのバーガーキングへも植物性パテを提供している。

日本ではv2foodという企業を知る人は少ないと思う。

v2foodとは?

出典:v2food

v2foodは、オーストラリアの代表的な代替肉企業

2019年にシドニーに設立されたベンチャーだが、10月には約57億円という巨額の資金調達に成功している。

 

代替肉の主原料は大豆で、主な商品はひき肉バーガー用パテの2つ。

2020年2月にニュージーランドのバーガーキングで提供を開始するなど、海外進出もしている。

実は10月の資金調達時、v2foodは新たな資金でアジア市場に参入したいと表明していた。その言葉通り、ニュージーランド、フィリピンに続き、日本に参入した。

ここからは憶測だが、v2foodは中国のバーガーキングも狙っていたのではないだろうか。代替肉のアジア市場といえば、日本よりも中国によりポテンシャルがあるからだ。

日本のバーガーキングに植物肉バーガーが登場したわずか12日後、中国のバーガーキングで植物肉バーガーの導入が発表された。

中国バーガーキングに導入されたパテは、オランダのベジタリアンブッチャー

ベジタリアンブッチャーはユニリーバに2018年に買収されており、ユニリーバが植物性代替肉・乳製品の年間売上を5-7年で1200億円にすると発表していることを考えると、すべてがつながる。

ユニリーバは自社の目標を達成するため、中国だけでなく、南米、欧州のバーガーキングとも提携しており、今後もバーガーキングに導入されるベジタリアンブッチャーのパテは増えていくと思う。

バーガーキング各国に導入されているパテについては、この記事でまとめている。

バーガーキングのプラントベースワッパーを食べた人の感想

家族にも食べてもらったところ、

「プラントベースと知らなかったら、わからないレベル。おいしい。違和感はなく、もう1回食べたい」

という感想だった。

ほかにも食べた人の感想を調べてみたところ…


と、好意的な感想が多かった。

気になる人は近くのバーガーキング、あるいはウーバーイーツで頼んでみよう!

期間限定で数量限定なので、終わらないうちにぜひ。本当においしい。

 

関連記事

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

   

関連記事

  1. ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200…
  2. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…
  3. 中国バーガーキングが植物肉バーガーを発売開始
  4. ひよこ豆由来のタンパク質を開発するInnovoProが約3億円を…
  5. ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中…
  6. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  7. KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート
  8. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…

おすすめ記事

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出

FAOの「世界漁業・養殖業白書(2018)」によると、2015年の水産資源は「漁…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

↓ラジオ音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシン…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP