3Dプリンター

Novameatが約7億円を調達、独自3Dプリント技術による代替ステーキ肉製造の更なるスケール化へ

 

独自の3Dプリント技術を使い植物性の代替ステーキ肉を製造するバルセロナのスタートアップNovameatは、600万ドル(約7億円)をプレシリーズAで調達した昨年1月に行われた約3100万円の出資に続く資金調達となる。

1月には「青いステーキ肉」を独自のプリント技術で製造し注目を集めているNovameatだが、独自の路線で代替肉の市場をリードしている。

“最も本物に近い代替肉”を製造

出典:Novameat

Novameatは2020年に同社が「最もリアルな植物性ステーキ肉」と呼ぶステーキ肉を発表した。同社は、えんどう豆のたんぱく質やビートの根の樹液など、様々な植物性の原料を混合させ3Dプリント肉を製造している。

今回の出資は、Praesidium(投資管理会社)が主導し、 Unovis Asset Managementら複数機関から出資があった。今回の出資を受け、今後はさらに商用機器の製造などをスケール化していく。

Novameatの独自3Dプリント技術

出典:Novameat

今回資金調達をしたNovameatは、独自技術である「微細押出成形技術を用いた産業用3Dプリンター」を開発しており、特許も取得済みである。

NovameatのCEOであるGiuseppe Scionti氏によると、「Novameatの技術では、一般に広く使われている代替肉の15倍の製造スピードで製造が可能である」と述べている

今後はさらに商業用レベルまでスケール化し、毎時500kgの代替肉が製造できるスピードを目指している。

Novameatの今後

CEOのGiuseppe Scionti氏 出典:Novameat

「すばらしい結果が得られた。私たちは自分たちの商品に自信をもっている」とScionti氏は話す。

現在までNovameatは代替の鶏肉、豚肉、牛肉のステーキ肉に焦点を当ててきた。今後は要望に合わせて他の代替肉も開発をしていく予定だという。

Novameatの商品は2022年中にスペイン国内のレストラン(ステーキ店からヴィーガン、ベジタリアン、伝統料理のレストランまで)で試験提供される予定であり、来年中に食品の既存小売企業とパートナーシップを結び、小売業界への進出も狙っている。

2021年のPichBookによるフードテックレポートによると、ベンチャーキャピタルによるフードテック業界への出資は総計393億ドル(=約4.5兆円)に上る。

特に代替肉市場が勢いをつけており、2022年はさらにリアルな代替肉が生み出されると予想されている。

3Dプリント代替肉の進化

出典:Novameat

Novameatは独自の微細押出成形技術を用いて代替肉を製造しているが、他の多くの企業も3Dプリンターでの代替肉製造技術の向上に努めている。

オランダのIKEAは3Dプリントされた代替ミートボールの製造を開始し、イスラエルのSavorEatにいたっては、来店客自身が好みにアレンジした代替肉のハンバーガーを提供している。SavorEatのバーガーでは、客がアプリ上で選択した好みのハンバーガーを、目の前の3Dプリンターで製造されるところを見ることができるという。

日本でもIKEAの代替ミートボールが食べられるようになるなど代替肉の浸透が進んでいる。今後も代替肉市場が進化していくと、日本のスーパーでも3Dプリントでの代替肉が鶏肉や豚肉に次ぐ肉の種類として登場する未来も近いかもしれない。

 

参考記事

Novameat Closes $6 Million Pre-Series A Fund To Scale Its Plant-Based Whole Cuts Production

 

 関連記事

アイキャッチ画像の出典:Novameat

 

関連記事

  1. GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工
  2. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  3. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  4. 微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Gel…
  5. 細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億…
  6. NotCoが約95億円を調達、食品業界向けのAIプラットフォーム…
  7. 古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Ark…
  8. チーズ大手のBelグループ、米Superbrewed Foodと…

おすすめ記事

ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

ビヨンドミートが欧州全土での小売展開の拡大を発表した。同社はこの春、欧州…

日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製

日本ハムは、培養肉の生産過程で必要となる培養液の主成分を、動物血清から食品成分に…

代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン

アメリカの代表的な代替肉スタートアップ、ビヨンドミートが中国現地の生産工場の開設…

ソーラーフーズがフィンランド薬局年金基金から約13億円を調達

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は今月17日、フィンラン…

ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠された可能性を追求

世界大手の食品・飲料企業ダノンはバイオテック企業Brightseedとの提携を拡…

牛を使わずに「本物の」乳製品を開発するイスラエルのRemilkが約139億円を調達

精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発するイスラエル企業Remilkがシリー…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP