Foovo Deep

Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein」の発売を発表

 

スウェーデン企業Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein(マイコレイン)」の発売を発表した

Mycorenaは2021年11月、動物性脂肪の挙動と感覚特性を模倣した史上初の菌類由来脂肪の開発を発表した。同社によると、この代替脂肪はプラントベース食品の味と構造特性を向上させることから、植物性脂肪に代わる優れた代替品になることが確認された。

Mycorenaの主力製品「Promyc」は現在、プラントベース食品会社との協力により、欧州の複数の国で販売されている。菌類由来脂肪は、「Promyc」に続く同社の新ブランド「Mycolein」として販売される準備が整ったという。

Mycorenaの創業者兼CEOであるRamkumar Nair氏は「Mycolein」発売に際し、次のように述べている。

「パートナーの食品企業が安定した脂肪成分の調達で直面している課題を認識し、2021年にプロトタイプとして最初の菌類で安定化された脂肪を発表しました。当時はまだ、市場にある多くの類似の製品と同様に、製品の拡張性について確認している段階でした。そして今、約1年半にわたる開発を経て、製品を製造するための本格的なプロセスの構築に成功し、商用化する準備が整いました」

史上初の菌類由来脂肪「Mycolein」

出典:Mycorena

プレスリリースによると、マイコプロテインで安定化された代替脂肪「Mycolein」は用途が広く、植物肉などの代替タンパク質や代替肉製品を含むあらゆる食品のジューシーさと風味を高めることができる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mycorena

 

関連記事

  1. スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入
  2. スウェーデン企業Hooked Foodsがドイツのスーパー400…
  3. ビヨンドミートとペプシコの合弁会社Planet Partners…
  4. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?
  5. 酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Fo…
  6. ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨン…
  7. TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養…
  8. ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パー…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

細胞培養により持続可能で高品質なカカオを生産するCelleste Bio

イスラエルに拠点を置くCelleste Bioは、細胞培養により代替チョコレート…

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

世界で最初に培養肉販売を実現したイート・ジャスト傘下のGOOD Meatは17日…

シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2023)参加レポート

2023年10月31日~11月2日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズに…

培養肉生産の複雑さを乗り越える(Gelatex-Athanasios Garoufas氏による寄稿文)

本記事は、Gelatex Technologies(エストニア企業)で最高事業開…

Esco Aster、2025年までにシンガポールに新たな培養肉工場建設へ

世界で最初に培養肉製造認可を取得したシンガポール企業Esco Asterが、20…

ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!

ネスレが植物ベースのヴィーガンキットカットを発売した。ヴィーガンキットカ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP