代替プロテイン

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)が植物性シーフード用の旨味成分を開発

 

シカゴを拠点とするBack of the Yards Algae Sciences(以下、BYAS)は、インポッシブルフーズの独自成分「ヘム」に代わるスピルリナ由来のヘムを開発していることを知られる。

BYASのヘムは遺伝子組換え技術を必要としないため、ビヨンドミートをはじめとするインポッシブルフーズの競合の植物肉をさらに本物に近づけるものとして期待が寄せられている。

このBYASが、新たに代替シーフードをアップデートさせる旨味成分を開発したことが明らかにされた。

Green queenの報道によると、新しい旨味成分AHA502は、藻類をベースに作られており、植物性の魚、エビ、シーフードに組み込んで使用することで、植物性シーフードの味と風味を本物のシーフードに近づけるものとなる。

AHA502を使用したビーガンマグロ寿司 出典:Back of the Yards Algae Sciences

BYASの旨味成分AHA502は、有機的に栽培された海藻を原料に、廃棄物を極力出さず、低エネルギー消費なやり方で製造される。

同社は、植物性の代替シーフードが社会に定着するには、代替シーフードが「信じられないほどおいしいこと」が不可欠だと考えている。

BYASは自社の成分について、「味と旨味を変革させる可能性があるもの」で、植物性と細胞培養の差を縮めるものだと自信を見せる。

多くのスタートアップが直面する、植物性でありながら本物のようなシーフードの食体験実現に足りないものをBYASの旨味成分が補うことができれば、New Wave FoodsOcean Hugger Foodsなどの企業にとって追い風になる。

BYASによると、藻類ベースの新しい旨味成分は、代替シーフードのブラインドテストで「絶賛」されたという。このブラインドテストでは、ビーガンなクラブケーキ、マグロ寿司に使用された。

出典:Back of the Yards Algae Sciences

過剰漁獲により、2048年までに魚はいなくなるといわれている。

乱獲により絶滅危惧種に指定されているクロマグロなどの魚がいなくなった場合、食物連鎖が崩れ、生態系への影響が危惧される。

また、養殖では、過密な飼育環境に伴う病気の予防、成長促進を目的として抗生物質が使用される。こうした抗生物質が残留した食品を人が摂取すると、耐性菌(抗生物質が効かなくなった細菌)を生み出す可能性が懸念されている。

魚に残留するマイクロプラスチック、水銀による影響などの問題も指摘されており、持続可能な代替シーフードが求められている

出典:Back of the Yards Algae Sciences

代替魚のシェアは代替タンパク質全体ではまだ小さいものの、2020年だけで過去5年間に集まった調達額の66%を占めるなど注目が集まっている。

New Wave FoodsOcean Hugger FoodsHookedのように、代替シーフード企業の多くは自国で市場に出し始めているところが多く、ビヨンド・ミート、インポッシブルフーズのように「代替肉といえばこの2社」という状況には程遠い

これは逆を言えば、市場に「空白」のある状態ともいえ、近年、細胞培養による培養シーフード、植物性シーフードでこの空白を狙うスタートアップが相次いで登場している。

培養魚については年内にテスト販売のフェーズまでいくかもしれないという状況であり、BYASが代替魚市場に入り込む余地は十分にある。

 

参考記事

Umami Tech: Chicago Algae Heme Startup BYAS Develops Flavouring To Elevate Plant-Based Seafood

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Back of the Yards Algae Sciences

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  2. 培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養…
  3. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…
  4. 植物性3Dプリント肉を開発するRedefine Meatが約15…
  5. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  6. 分子農業パイオニアの英Moolec Science、SPAC経由…
  7. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  8. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェ…

おすすめ記事

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

【2021年10月】代替シーフードの投資動向/大手、スタートアップの参入・提携状況

本記事は、2021年1月~9月までの代替シーフードの投資状況、大手×スタートアッ…

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。同社の代替ポーク『オムニポーク…

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが、プレシードラウ…

培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシアム」が本格始動、細胞農業の社会実装を目指す

日本を代表する培養肉企業インテグリカルチャーによる細胞農業オープンイノベーション…

韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでのテスト販売を目指す

韓国のスタートアップ企業SeaWithは、2022年末までに培養肉のテスト販売を…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP