代替プロテイン

米Liberation Labs、アメリカで精密発酵工場の建設を開始

 

Liberation Labsは先月、アメリカ、インディアナ州リッチモンドで専用の精密発酵施設の建設を開始したことを発表した

この施設は、専用の下流プロセスを備えた60万Lの容量を有し、逼迫する需要を満たす規模とコストで精密発酵によるタンパク質や他の原料を製造する。2024年末までに稼働を開始する予定だ。

Liberation Labsが最初の精密発酵工場を着工

出典:Liberation Labs

精密発酵による食用タンパク質の開発が進み、スタートアップ企業が急増する中、Liberation Labsは「業界が直面しているコスト・品質という2大課題」を克服しようとしている。

海外の再利用施設ではなく、アメリカ国内の専用施設でバイオ由来のタンパク質を大規模に生産することで、同社は精密発酵タンパク質の生産コスト削減に寄与しようと考えている。クライアント企業はLiberation Labsの施設を利用することで、最終製品をコスト競争力のあるものにできる。

Liberation Labsの工場建設で期待されるのは生産のスケールアップだけではない。地元、インディアナ州にプラスの経済効果ももたらすことも期待されている。

プレスリリースによると、直接事業・サプライチェーンを通じた経済的影響を試算すると、Liberation Labsはインディアナ州に年間で178件の雇用、1,300万ドルの労働収入、2,100万ドルの州内総生産(GSP)、6,700万ドルの生産高をもたらすと推定されている。

最終目標は2400万L規模の生産施設

出典:Liberation Labs

Liberation Labsはアメリカを皮切りに、海外の複数箇所に自社の製造施設の建設を予定している。最終目標は、グローバルで2400万リットルの発酵容量の実現だ。

インディアナ州の次は、中東・オーストラリアのいずれかに400万リットル規模の施設を建設する可能性が高い

Liberation Labsの共同創業者兼CEO(最高経営責任者)であるMark Warner氏は、「バイオ由来原料へ消費者の強い関心があるにも関わらず、 業界は完全にそれに応えられていません。当社の専用のバイオ製造施設がそのギャップを埋め、食品、材料、まだ発見されていないブレイクスルーなど、私たちの生活をより良くする高度なバイオ製品の新時代を開くものと信じています」と述べている。

Liberation Labsのアジア版ともいえるのがシンガポールのScaleUp Bioだ。同社は今年、シンガポールに2つの精密発酵施設を開設する予定であり、バイオポリスにあるNurasaのフードテックイノベーションセンター(FTIC)に設置された1つ目の施設がまもなく開設する

 

参考記事

Liberation Labs Breaks Ground on its First Purpose-Built Precision Fermentation Biomanufacturing Facility

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Liberation Labs

 

関連記事

  1. 動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約…
  2. 代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-
  3. ユニリーバ、精密発酵アイスクリームをBreyersブランドで発売…
  4. 培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Med…
  5. KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート
  6. イスラエル農務省が設立した培養ティラピアを開発する培養魚企業E-…
  7. モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コス…
  8. 魚の培養脂肪を開発するインパクファット|日本人研究者がシンガポー…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認

FDAがSensientのチョウマメ由来の抽出物を着色料として承認した。Sens…

アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオン、CJ第一製糖と提携

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、アジアの食品大手2社と基本合意書(M…

植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を発売

植物由来の代替肉を製造販売するスイス企業Plantedは1日、シリーズBラウンド…

パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-service」を本格始動

食用タンパク質で精密発酵をリードする米パー​​フェクトデイ(Perfect Da…

明治ホールディングス、細胞培養チョコレートの米California Culturedに2回目の出資

明治ホールディングスは今月、細胞培養によるチョコレートを開発する米Califor…

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP