Foovo Deep

マイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaが約30億円を調達

 

マイコプロテイン由来の代替肉を開発するスウェーデン企業Mycorenaが先月、シリーズAで2400万ユーロ(約30億円)を調達した。欧州の代替タンパク質に対するシリーズAの調達額では過去最大規模となる。

Mycorenaは菌類由来のマイコプロテインPromycにより、タンパク質の生産と商品に革命を起こすことを目指している。同社は調達した資金で、主力製品Promycを実証スケールから「影響力のある高価値製品の商用化」まで移行させ、B2BおよびB2Cの市場展開を図る。

2023年、大規模生産工場が稼働をスタート

創業者のRamkumar Nair氏 2023年に開設する工場前にて 出典:Mycorena

Promycを使った代替肉は、スウェーデンの一部レストラン、小売で市販化されている。

昨年6月にはICAグループのベンチャーICAVäxaと協業し、Promycを使ったナゲットをスウェーデンで発売した。昨年11月には、植物肉を本物に近づけるための菌類由来の油脂を発表、植物肉に組み込む油脂の展開も視野に入れている。

Mycorenaは2019年にPromycをリリースした。2021年には新しい本社施設に加え、実証プラント「Mycorena Innovation and Development Center(MIND)」を設立している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mycorena

 

関連記事

  1. Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious…
  2. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  3. 卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foo…
  4. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  5. NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ…
  6. オイシックス・ラ・大地、サステナブル・シーフード発表会・試食会を…
  7. 代替シーフードのAqua Cultured Foods、スイスの…
  8. 赤い微細藻類で代替肉を「血の滴る肉」に変えるイスラエル企業Yem…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

GEAが代替タンパク質の技術センターをドイツに開設

食品・飲料・製薬業界向けの世界大手システムサプライヤーであるドイツ企業GEAは今…

パルシステムを1年使った感想|注文が面倒だけど野菜がおいしい!【口コミ・評判】

今回のブログ記事では、パルシステムで気に入っているところ面倒…

代替油脂の米Lypidが台湾大手コーヒーチェーンと提携、500店舗に導入

植物由来の代替油脂を開発する米Lypidが、台湾大手コーヒーチェーンのLouis…

イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発

イスラエルのChickPが、ひよこ豆を原料とした植物性マヨネーズを開発した。…

ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFuture Fields

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsは、これまで技術の詳細…

インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始

アメリカの代替肉企業インポッシブルフーズが、新たにインポッシブル・ソーセージを小…

次回Foovoイベントのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

培養魚企業レポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(12/01 10:47時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(11/30 20:06時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 23:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(11/30 17:00時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 09:51時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 19:37時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP