ロボット

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

 

AI、ロボット、ブロックチェーンを活用する韓国のスタートアップLOUNGE’LABが、ロボットを使ったアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープンした。

ソウル、聖水洞(ソンスドン)にオープンしたBrown Banaは、ロボットが人と協働してアイスクリームを作るこれまでにないアイスクリームショップ。

アイスクリームロボットArisは、カップを保持し、アイスクリームが注入されたカップを所定の場所に置く。これに人がトッピングする。

出典:LOUNGE’LAB

完全にロボット化されたショップではないが、Arisのリズミカルな踊りがエンターテイメント効果を出している。

アイスクリームロボットArisには「あいさつ」「手招き」「休憩」「眠そう」など全7種類の動きが搭載されており、アームの動きに合わせて、アイスクリーム装置のディスプレイに表示されるアニメーションが変わるようになっている。

Brown Banaは完全にロボット化されたアイスクリームショップではないものの、24時間休まずに、毎回正確にアイスクリームを用意できるため、店舗にとって人件費・材料費の削減につながる。

注がれるアイスクリームをカップに受けるという単調な作業はArisに任せ、人間のスタッフは、トッピングや顧客対応など、より複雑なサービスに時間を割くことができる。

出典:LOUNGE’LAB

注文を受けてからアイスクリームを用意するまで、Arisのさまざまな動きに合わせ、ディスプレイの「表情」が変化する様子は、ユーザーエクスペリエンスを高めるうえで効果的といえる。

ロボットによる製造プロセスが1つのエンターテイメントとなっており、混雑時に待っている間にも、顧客をイラつかせず、楽しませる効果を生み出している。

Brown Banaを開設したLOUNGE’LABは、「食と遊ぶ」を理念に、ロボットAIブロックチェーンなど先端テクノロジーを活用して新しいユーザーエクスペリエンスを創出するスタートアップ企業。

百貨店に導入されたBrown Bana 出典:LOUNGE’LAB

公式サイトによると、人と協働するBrown Banaのほかに、完全にロボット化されたアイスクリーム自販機Baris Icecream、AIがリアルタイムで価格を変更するスマート自販機MooinSangHoei、ロボットを導入したバリスタカフェLOUNGE’Xなどを開発している。

アイスクリーム自販機Baris Icecream人を全く必要としない、小さなロボットキオスク

カップを保持し、アイスクリームをカップに注入し、顧客の前にアイスクリームを置くまでのすべての動きをロボットが担う

注文情報はクラウドにリアルタイムで更新されるため、在庫量が少なくなると、所有者に通知が届く。

製造プロセスがすべて見える化されており、公園やテーマパーク、ショッピングモールなど人通りの多い場所では、エンターテイメント性があるだけでなく、24時間休まず稼働できるので大量のアイスクリームを提供できる。

スマート自販機MooinSangHoeiは、ビルなどに設置を想定した次世代自販機。

顧客が来るのを待つのではなく、顧客が買いに来るよう動的な動きが設計されている。在庫、賞味期限、ユーザー情報などに基づき、AIがリアルタイムで価格を決める

スマート自販機MooinSangHoei 出典:LOUNGE’LAB

これにより、MooinSangHoeiの所要面積はわずかにも関わらず、AIによる動的な価格決定により、ビル全体をバーチャルストア化することが可能となるという。

決済も含め完全接触レスであり、ユーザーは自販機の前でアプリのボタンを押し、商品を取り出せば、購入は完了する。

決済はクレジットカードのほか、ビットコイン、イーサリアムなど仮想通貨にも対応している。

MooinSangHoeiは、江南Nタワー地下2階にある同社が運営するLOUNGE’Xでベータテストを実施する予定。

LOUNGE’X 出典:LOUNGE’LAB

LOUNGE’Xはロボットがコーヒーを注ぐバリスタカフェで、公式サイトによるとソウル、済州など6店舗がある。

クランチベースによると、LOUNGE’LABは2019年に設立されたソウルを拠点とするスタートアップ企業。

これまでにプレシード、シード合わせて総額400万ドル(約4億4000万円)を調達している。

こうしたロボット、自販機の食品への活用については、海外を中心に新規事例が増えており、日本の自販機の常識を壊すさまざまなスタートアップが登場している。

LOUNGE’LABのほかにも、トッピングまでしてくれるアイスクリーム自販機や、タピオカティーの自販機などが登場している。

最新の次世代自販機について詳しい情報を収集している企業はこちらのレポートをご覧いただきたい。

 

参考記事

South Korea: Lounge Lab Opens Brown Bana Robot Ice Cream Shop

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:LOUNGE’LAB

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 1時間に350杯のカクテルを作るバーテンダーロボット「Backb…
  2. SJW Roboticsがアジア料理を作る自律型ロボットレストラ…
  3. インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Food…
  4. xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、80…
  5. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  6. トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro…
  7. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…
  8. ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナ…

おすすめ記事

Better Juiceの砂糖削減技術を使用したフルーツジュースが今年市販化へ

フルーツジュースの甘さを保持したまま、砂糖だけを減らす技術を開発するBetter…

培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功

オランダの培養肉企業モサミートが、培養脂肪用培地のコストダウン成功を発表した。…

じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodとは

現在、プラントベースの代替チーズの原料は、カシュー、アーモンド、ココナッツ、大豆…

Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.8億円を調達

イギリスのフードテックBetter DairyがシリーズAラウンドで2,200万…

米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販売許可を取得

アメリカのフードテック企業イート・ジャストが培養肉で再び快挙を成し遂げた。…

蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約9400万円を調達

代替肉、代替ミルクなど代替タンパク質に取り組む企業が増える中…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP