代替プロテイン

代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2000億円を超過

 

代替肉企業インポッシブルフーズが最新のラウンドで5億ドル(約560億円)を調達したMirae Assetがラウンドを主導した。

同社は2020年3月に5億ドル同年8月に2億ドルと、昨年に7億ドルを調達。今回の資金調達により調達総額は20億ドル(約2200億円)となり、評価額は競合のビヨンドミートを上回る70億ドルになるとアナリストは予想する。

インポッシブルフーズ、5億ドルを調達

出典:インポッシブルフーズ

インポッシブルフーズは2011年に設立された代表的なアメリカの植物肉企業。

同社の大豆を主成分とする代替肉は、「ヘム」という遺伝子組み換え技術を活用した独自成分を使用。「ヘム」は植物肉を「血の滴る」植物肉に変えるコア成分であり、同社の代替肉を本物に近づけるうえで重要な役割を果たしている。

遺伝子組み換え酵母を使用しているため、欧州や中国など規制の厳しい市場へは競合のビヨンドミートが先行しているが、この1年2か月でインポッシブルフーズは新たにオーストラリア、ニュージーランド、アラブ首長国連邦(UAE)、カナダと参入市場を拡大、計7か国に進出した。

取り扱い店舗は2年で急増

出典:インポッシブルフーズ

これまでにバーガー、チキンナゲット、ソーセージを発売、今年9月には代替豚肉インポッシブル・ポークを香港、シンガポールで発売した。今回の資金調達に先立ち、同社はインポッシブル・ミートボールもウォルマートの取り扱い商品に追加、今後ほかの小売にも拡大していくとしている。

現在、同社の製品は22,000箇所の小売店と約4万店舗のレストランで提供されている。2020年3月の時点で取り扱い小売店が150箇所だったことを考えると、パンデミックの最中、2年足らずで市場シェアを急速に拡大している。

出典:インポッシブルフーズ

同社CFOのDavid Borecky氏は「今回の資金調達により、製品のイノベーションと国際的な拡大の取り組みをさらに加速できる」とコメントしている。

上場は「避けられない」

出典:インポッシブルフーズ

2021年のアメリカの植物肉市場は2020年に約10億ドル規模だったが、2027年までに約26億ドルに成長すると見込まれる

インポッシブルフーズの創業者兼CEOのパット・ブラウン氏はIPOは「避けられない」とForbesのインタビューに回答、「ある時点で上場する」「タイミングはわからないが、(IPOは)差し迫っている」とコメントしている。

 

参考記事

Impossible Foods Closes $500M in New Funding Amid Record Growth

Impossible Foods Raises $500M, Bringing the Vegan Meat Brand’s Total to a Record $2B

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:インポッシブルフーズ

 

関連記事

  1. 菌糸体由来肉の米Meati Foodsが約199億円を調達、今年…
  2. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  3. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  4. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  5. 米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベー…
  6. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…
  7. 中国バーガーキングが植物肉バーガーを発売開始
  8. ベルがパーフェクトデイと提携、精密発酵タンパク質の代替チーズを来…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

堆肥化できるコーヒーボールを使うCoffeeB、20万世帯に導入|廃棄カプセルゼロを目指す

ひと昔前はコーヒーメーカーといえば、フィルターと粉をセットして、数杯分のコーヒー…

二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutrientsが約5.1億円を調達

工業的に排出された二酸化炭素、水素、微生物を活用して代替タンパク質を開発するNo…

Helaina、精密発酵によるラクトフェリンの商用化へ移行、機能性食品参入に意欲

アメリカのバイオテック企業Helainaは、精密発酵によるラクトフェリンの生産に…

代替母乳を開発するTurtleTreeがシリーズAで約34億円を調達

シンガポール、アメリカを拠点とする代替母乳企業TurtleTreeがシリーズAラ…

FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認

FDAがSensientのチョウマメ由来の抽出物を着色料として承認した。Sens…

細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foodsとは

細胞を培養して動物肉、魚肉を開発する企業が近年、増加している。培養肉の開発が進む…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/23 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP