代替プロテイン

代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2000億円を超過

 

代替肉企業インポッシブルフーズが最新のラウンドで5億ドル(約560億円)を調達したMirae Assetがラウンドを主導した。

同社は2020年3月に5億ドル同年8月に2億ドルと、昨年に7億ドルを調達。今回の資金調達により調達総額は20億ドル(約2200億円)となり、評価額は競合のビヨンドミートを上回る70億ドルになるとアナリストは予想する。

インポッシブルフーズ、5億ドルを調達

出典:インポッシブルフーズ

インポッシブルフーズは2011年に設立された代表的なアメリカの植物肉企業。

同社の大豆を主成分とする代替肉は、「ヘム」という遺伝子組み換え技術を活用した独自成分を使用。「ヘム」は植物肉を「血の滴る」植物肉に変えるコア成分であり、同社の代替肉を本物に近づけるうえで重要な役割を果たしている。

遺伝子組み換え酵母を使用しているため、欧州や中国など規制の厳しい市場へは競合のビヨンドミートが先行しているが、この1年2か月でインポッシブルフーズは新たにオーストラリア、ニュージーランド、アラブ首長国連邦(UAE)、カナダと参入市場を拡大、計7か国に進出した。

取り扱い店舗は2年で急増

出典:インポッシブルフーズ

これまでにバーガー、チキンナゲット、ソーセージを発売、今年9月には代替豚肉インポッシブル・ポークを香港、シンガポールで発売した。今回の資金調達に先立ち、同社はインポッシブル・ミートボールもウォルマートの取り扱い商品に追加、今後ほかの小売にも拡大していくとしている。

現在、同社の製品は22,000箇所の小売店と約4万店舗のレストランで提供されている。2020年3月の時点で取り扱い小売店が150箇所だったことを考えると、パンデミックの最中、2年足らずで市場シェアを急速に拡大している。

出典:インポッシブルフーズ

同社CFOのDavid Borecky氏は「今回の資金調達により、製品のイノベーションと国際的な拡大の取り組みをさらに加速できる」とコメントしている。

上場は「避けられない」

出典:インポッシブルフーズ

2021年のアメリカの植物肉市場は2020年に約10億ドル規模だったが、2027年までに約26億ドルに成長すると見込まれる

インポッシブルフーズの創業者兼CEOのパット・ブラウン氏はIPOは「避けられない」とForbesのインタビューに回答、「ある時点で上場する」「タイミングはわからないが、(IPOは)差し迫っている」とコメントしている。

 

参考記事

Impossible Foods Closes $500M in New Funding Amid Record Growth

Impossible Foods Raises $500M, Bringing the Vegan Meat Brand’s Total to a Record $2B

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:インポッシブルフーズ

 

関連記事

  1. 牛を使わずに「本物の」乳製品を開発するイスラエルのRemilkが…
  2. Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧…
  3. モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大
  4. 3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアッ…
  5. UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured D…
  6. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…
  7. スペイン乳業メーカー、代替乳製品開発に向けた「Mylkcubat…
  8. レタスを活用して乳タンパク質を開発するイスラエル企業Pigmen…

おすすめ記事

「本物のようにほぐれる」ホールカットの代替タラを開発するアイルランド企業Sea&Believe

アイルランドのスタートアップSea&Believeは、ビーガン向けホール…

会員権をNFTにした世界初のレストラン「Flyfish Club」、2023年ニューヨークにオープン

VCRグループが先月、世界初のNFTレストラン「Flyfish Club」を来年…

米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販売許可を取得

アメリカのフードテック企業イート・ジャストが培養肉で再び快挙を成し遂げた。…

培養肉でメキシコ初のスタートアップMicro Meatは量産化段階にはいる

細胞農業の進歩により培養肉がスーパーの棚に並ぶ日も近いのかもしれない。M…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/01 16:05時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP