Foovo Deep

中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/企業の開発動向/投資動向/法規制】

 

今年、中国の培養肉企業2社に対し資金調達が実施された。

この記事では、中国の培養肉業界の現状について、政府による政策、企業別の動向、アグテック・フードテック全体における投資動向、キーパーソンが提唱する法規制枠組みの概要についてまとめた。

中国政府による培養肉政策の概要/注目の動き

国家主要研究開発プログラムを始動

中国科学技術省は2020年後半に、「緑色生物製造」という国家主要研究開発プログラムを始動。植物肉、培養肉の製造は、本助成金によって支持される26の研究プロジェクトの1つとなる。プロジェクト全体には計6億人民元が投入され、代替タンパク質の研究開発には2700万元が投入されると推定される

高効率な生物学的製造技術

2021年6月、「代替肉の高効率な生物学的製造技術(中国語:人造肉高效生物制造技术)」と題された3年間の政府資金によるプロジェクト発表された。中国トップの農業科学プログラムの1つである江南大学が本プロジェクトを主導する

本プロジェクトは培養肉について、筋肉細胞の生産コストを80%以上削減すること、培養肉に関する大規模で低コストの培養等について30以上の特許出願の実現などを審査基準として挙げている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…
  2. 培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加
  3. 培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功
  4. 鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego …
  5. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  6. イート・ジャストが中国ファンドから約34億円を調達、代替卵JUS…
  7. 「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2…
  8. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び…

おすすめ記事

ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠された可能性を追求

世界大手の食品・飲料企業ダノンはバイオテック企業Brightseedとの提携を拡…

BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発、培養肉のコスト削減に挑む

イスラエルのバイオテクノロジー企業BioBetterは、植物のタバコを活用し、培…

中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に自社工場を設立

中国の代替肉スタートアップ企業Starfield(スターフィールド)は、シリーズ…

培養肉スーパーミートと欧州大手養鶏企業PHW、培養肉の欧州導入で合意

テルアビブを拠点とする培養肉企業スーパーミート(SuperMeat)は、欧州市場…

食品ロスに取り組むFlashfoodが約14.7億円を調達、アメリカ食料品店との連携を強化

食品ロスに取り組むアプリを提供しているカナダ企業FlashfoodがシリーズAで…

イート・ジャストが中国ファンドから約34億円を調達、代替卵JUST Eggで高級鶏卵と同等価格を実現

代替卵と培養肉を手掛ける米フードテック企業イート・ジャストが中国のプライベート・…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP