Foovo Deep

中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/企業の開発動向/投資動向/法規制】

 

今年、中国の培養肉企業2社に対し資金調達が実施された。

この記事では、中国の培養肉業界の現状について、政府による政策、企業別の動向、アグテック・フードテック全体における投資動向、キーパーソンが提唱する法規制枠組みの概要についてまとめた。

中国政府による培養肉政策の概要/注目の動き

国家主要研究開発プログラムを始動

中国科学技術省は2020年後半に、「緑色生物製造」という国家主要研究開発プログラムを始動。植物肉、培養肉の製造は、本助成金によって支持される26の研究プロジェクトの1つとなる。プロジェクト全体には計6億人民元が投入され、代替タンパク質の研究開発には2700万元が投入されると推定される

高効率な生物学的製造技術

2021年6月、「代替肉の高効率な生物学的製造技術(中国語:人造肉高效生物制造技术)」と題された3年間の政府資金によるプロジェクト発表された。中国トップの農業科学プログラムの1つである江南大学が本プロジェクトを主導する

本プロジェクトは培養肉について、筋肉細胞の生産コストを80%以上削減すること、培養肉に関する大規模で低コストの培養等について30以上の特許出願の実現などを審査基準として挙げている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 量子ドットを活用して温室フィルムを開発するUbiQD、電気を使わ…
  2. 【3/25】最新の研究事例から見る ! 細胞性食品(培養肉)セミ…
  3. シンガポールで培養ウズラ肉を実食|Vowの「Forged Par…
  4. 奇跡の植物肉「ミラクルミート」を開発したDAIZに国内外から引き…
  5. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  6. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  7. 3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津…
  8. Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さく、よりスマートな」アジア最大の精密発酵施設ネットワーク構築へ

オーストラリアに新たに設立された精密発酵スタートアップのCauldronは先月、…

ポーランドのFresh Insetが開発した鮮度保持シール「Vidre+」: 葉物野菜の鮮度を24日間に延長

24日目のルッコラの比較。右がVidre+使用ほうれん草、ルッコラなど葉物野菜の鮮度を保持できる…

牛乳の全成分を含んだ培養ミルクを開発するカナダ企業Opalia

カナダ、モントリオールを拠点とするOpalia(オパリア)は、ウシ胎児血清(FB…

UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured Decadenceを買収

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイドフーズ)が、培養シーフ…

菌糸体から代替肉を開発するMushlabsが欧州イノベーション会議から助成金を獲得

菌糸体を使って代替肉を開発するドイツ企業Mushlabsは先月、スタートアップの…

中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/企業の開発動向/投資動向/法規制】

今年、中国の培養肉企業2社に対し資金調達が実施された。この記事では、中国…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP