代替プロテイン

米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始

 

 

このニュースのポイント

 

●ビヨンドミートのミートボールがコストコで販売を開始

●1パック24個入り、9.9ドルで販売される予定

 

 

会員制スーパー・米コストコが代替肉大手ビヨンドミートのミートボールをアメリカの一部店舗で販売開始する。

取り扱いが開始されるのは、ビヨンドミートボール(Beyond Meatballs)

1パックあたりミートボールが24個入った商品で、9.9ドルで販売される予定。

出典:Beyond Meat

米コストコでビヨンドミートボールが販売されるのは今回が初めて

ビヨンドミートの商品がコストコで初めて販売されたのは2019年末のこと。現在、同社の製品は80カ国を超える国の約12万2千店舗で販売されている。このうち、米国の小売店は28000店舗だという。

新型コロナが猛威を振るう中、ビヨンドミートは積極的に拡大を図ってきた。

今年だけでも次の主だった動きがあった。

 

  • 4月に、中国本土の3300店舗を超えるスターバックスに導入
  • 8月に自社のDtoC用オンラインショップを開設。
  • 9月には今回コストコに導入されるビヨンドミートボールを発表。同月には、中国上海近郊に2つの生産工場建設で締結
  • 10月には今年4つ目の新作となるビヨンドソーセージを全米の食料品店で販売開始
  • 11月にはピザハットと提携し、全米700店舗のピザハットでビヨンドの代替肉を使った2つのピザの販売を開始したほか、これまでのものを凌駕するという新製品Beyond Burgerを発表。さらに、マクドナルドと協業し、McPlantに使われる代替肉パテを共同開発。
  • 中国で先月、新作・植物性豚ひき肉を上海のレストランで期間限定で提供した。2021年初頭には中国上海の工場が稼働を開始する予定。

 

同社は9月にビヨンドミートボールを、ホールフーズ、クルーガー、Stop&Shop、Sprouts、Herris Teeterなどに紹介していた。

今回のコストコへの導入によって、アメリカのいたるところでビヨンドミートの製品を見かける機会が増えるだろう。

出典:Beyond Meat

ビヨンドミートボールは主に下記都市のコストコに導入される。

  • ニューヨーク
  • ニュージャージー
  • コネチカット
  • カリフォルニア
  • マサチューセッツ
  • テキサス
  • メリーランド
  • バージニア
  • フロリダ
  • アリゾナ
  • コロラド
  • ハワイなど

 

ビヨンドミートボールは、えんどう豆・玄米を主成分としており、遺伝子組み換え作物、大豆、グルテン、コレステロール、抗生物質、ホルモン剤を含まない。通常のミートボールより塩分を30%カットしている。

ビヨンドミートはカリフォルニアを拠点とする植物性代替肉の大手

2009年に設立された。これまでにビルゲイツ、タイソンフーズなどから資金を調達している。これまでに総額1億2200万ドル(約127億円)を調達している。

 

参考記事

Costco stocks shelves with plant-based Beyond Meatballs at select locations

Vegan at Costco: Beyond Meatballs Now Available

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Beyond Meat

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

   

関連記事

  1. 大豆ミートを食べてみた感想【意外とおいしい】
  2. Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トッ…
  3. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  4. 香港発の植物肉企業TN Meatが代替肉製品の販売をスタート、中…
  5. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  6. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  7. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  8. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち

おすすめ記事

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大の醸造会社の大麦をアップサイクル

世界で1年間に醸造で使用される大麦は900万トンとされる。使用済みの大麦…

6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出

FAOの「世界漁業・養殖業白書(2018)」によると、2015年の水産資源は「漁…

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP