代替プロテイン

米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始

>> <<

 

 

このニュースのポイント

 

●ビヨンドミートのミートボールがコストコで販売を開始

●1パック24個入り、9.9ドルで販売される予定

 

 

会員制スーパー・米コストコが代替肉大手ビヨンドミートのミートボールをアメリカの一部店舗で販売開始する。

取り扱いが開始されるのは、ビヨンドミートボール(Beyond Meatballs)

1パックあたりミートボールが24個入った商品で、9.9ドルで販売される予定。

出典:Beyond Meat

米コストコでビヨンドミートボールが販売されるのは今回が初めて

ビヨンドミートの商品がコストコで初めて販売されたのは2019年末のこと。現在、同社の製品は80カ国を超える国の約12万2千店舗で販売されている。このうち、米国の小売店は28000店舗だという。

新型コロナが猛威を振るう中、ビヨンドミートは積極的に拡大を図ってきた。

今年だけでも次の主だった動きがあった。

 

  • 4月に、中国本土の3300店舗を超えるスターバックスに導入
  • 8月に自社のDtoC用オンラインショップを開設。
  • 9月には今回コストコに導入されるビヨンドミートボールを発表。同月には、中国上海近郊に2つの生産工場建設で締結
  • 10月には今年4つ目の新作となるビヨンドソーセージを全米の食料品店で販売開始
  • 11月にはピザハットと提携し、全米700店舗のピザハットでビヨンドの代替肉を使った2つのピザの販売を開始したほか、これまでのものを凌駕するという新製品Beyond Burgerを発表。さらに、マクドナルドと協業し、McPlantに使われる代替肉パテを共同開発。
  • 中国で先月、新作・植物性豚ひき肉を上海のレストランで期間限定で提供した。2021年初頭には中国上海の工場が稼働を開始する予定。

 

同社は9月にビヨンドミートボールを、ホールフーズ、クルーガー、Stop&Shop、Sprouts、Herris Teeterなどに紹介していた。

今回のコストコへの導入によって、アメリカのいたるところでビヨンドミートの製品を見かける機会が増えるだろう。

出典:Beyond Meat

ビヨンドミートボールは主に下記都市のコストコに導入される。

  • ニューヨーク
  • ニュージャージー
  • コネチカット
  • カリフォルニア
  • マサチューセッツ
  • テキサス
  • メリーランド
  • バージニア
  • フロリダ
  • アリゾナ
  • コロラド
  • ハワイなど

 

ビヨンドミートボールは、えんどう豆・玄米を主成分としており、遺伝子組み換え作物、大豆、グルテン、コレステロール、抗生物質、ホルモン剤を含まない。通常のミートボールより塩分を30%カットしている。

ビヨンドミートはカリフォルニアを拠点とする植物性代替肉の大手

2009年に設立された。これまでにビルゲイツ、タイソンフーズなどから資金を調達している。これまでに総額1億2200万ドル(約127億円)を調達している。

 

参考記事

Costco stocks shelves with plant-based Beyond Meatballs at select locations

Vegan at Costco: Beyond Meatballs Now Available

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Beyond Meat

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  2. 植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性…
  3. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  4. イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市…
  5. Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トッ…
  6. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  7. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  8. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…

おすすめ記事

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはない…

The Food Robotics Summit2021に登場したフードロボット・次世代自販機9社

2021年5月19日、海外フードテックメディアThe Spoon主催のArtic…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート

動物を殺さずに、動物から採取した細胞を培養して生産される動物肉を培養肉という。…

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来の…

培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロにも参入、2022年までに市販化へ

培養魚を開発するアメリカのFinless Foodsが、植物性代替マグロに参入す…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP