Foovo Deep

ヘンプシードとかぼちゃの種から生まれた植物性チーズ: Seeductive Foodsによる主要アレルゲン不使用のビーガンオプション

 

Good Food Institute(GFI)によると、アメリカで植物チーズを購買する世帯割合は、2021年から2022年にかけて5%と横ばいが続いた。過去3年、植物性チーズの普及率は低く、緩やかに成長している。

一方、動物性チーズの世帯普及率は96%と高く、動物性チーズを購買する世帯から植物性チーズの購入者を獲得すれば、「植物性チーズ分野には大きなチャンスがある」とGFIは述べている。

それを阻む1つの要因が、植物性チーズの完成度かもしれない。動物性チーズのように美味しいと回答する消費者は現状少ないという。植物性チーズのリピート率は2020年から7%落ち込んでおり、この分野を成長させるには、消費者のニーズを満たす製品開発が必要ということだろう。

その新たな選択肢となる可能性を秘めているのが、アメリカ、フロリダ州に拠点を置くSeeductive Foodsだ。

同社創業者兼CEO(最高経営責任者)のMeghan Barbera氏は自社について、「トップ9のアレルゲンを含まず、ココナッツオイル、ガム、デンプン、香料などの添加物を含まない、かぼちゃ・ヘンプをベースとしたチーズを製造する唯一のブランドです」と述べている

かぼちゃの種・ヘンプシードを使用した植物性チーズ

出典:Seeductive Foods

2019年に設立されたSeeductive Foodsは、かぼちゃの種と、米国産のヘンプシード、ひよこ豆味噌ペースト、ローズマリーエキスなどを原料にした代替チーズ製品を開発している。かぼちゃの種はアップサイクルしたものを使用している

ヘンプシードとは、麻の実の種を指す。同社によると、ヘンプシードには、抗酸化物質、ビタミン、ミネラル、心臓に良いとされるオメガ 6脂肪酸、オメガ3脂肪、完全な植物性タンパク質が豊富に含まれている。さらに、二酸化炭素を木の4倍吸収するため、環境に優しい持続可能な作物だという

Seeductive Foodsが製品開発にあたり重視したのが、原材料リストの短縮化だ。

製品の1つ「Truffle & Peppercorn」に少量のオリーブオイルが含まれていることを除き、7種類の製品にはココナッツオイルなど植物油脂を一切使用していない。大豆、ナッツ、グルテンなどトップ9のアレルゲンも含まず、Vegan Awareness Foundationからビーガン認定を受けている。

既存の発酵技術を使用した独自製法で成分リストを短縮化

出典:Seeductive Foods

Seeductive Foodsは伝統的なチーズ製造技術を組み込んだ特許出願中の独自プロセスにより、「他社の植物性チーズによく見られる栄養酵母、油脂、ガム、デンプン、香料を使用せずに、チーズらしい風味を再現」しているという

古くから使われてきた発酵技術を使用することで、チーズらしい風味だけでなく、腸の健康に寄与するプロバイオティクスをもたらしている。

Barbera氏の特許によると、同社の生産プロセスは、ヘンプシードミルクに水を加えるステップ、シードミルクを所定の凝結温度まで加熱するステップ、シードミルクを凝結させるステップ、シードミルクを所定温度まで冷却するステップ、シードミルクに培養物(Lactobacillus sp)を加え混合するステップ、混合物を所定の発酵温度で発酵させるステップ、非乳製品ホエイを混合物から除くステップ、混合物からチーズを取り出すステップから構成されている。

Seeductive Foodsが現在販売している製品はGarlic & HerbFig & BalsamicMarinated FetaOlive & Black GarlicTuscan TomatoBlazin’ Pepper BlendTruffle & Peppercornの7種類だ。

Vegnocomistによると、同社製品は、地元のファーマーズ・マーケットでの販売から始まり、ビーガンショップ、健康食品店など独立系小売店でも取り扱われているという。公式サイトによると、現在は全米48州に商品が発送されている。

さまざまな植物チーズスタートアップの台頭

出典:Seeductive Foods

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Seeductive Foods

 

関連記事

  1. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…
  2. 【世界初】Shiok Meatsが試食会で培養カニ肉料理を発表
  3. オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pure…
  4. 細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円…
  5. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉…
  6. 英Jack & Bryがジャックフルーツを使った代替切…
  7. オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン
  8. ヒマワリ種子のオレオソームで代替脂肪を開発するTime-trav…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵セミナー動画-2022年1月開催-

2022年1月に開催した精密発酵セミナーの視聴用ページです。会員の方だけ…

The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を使ったアルコール飲料を発売

精密発酵により卵白タンパク質を製造販売する米The Every Companyは…

Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが、予約注文の受付を開始したことを発表…

Hevo Groupが代替卵製品OUVEGGをスペインのスーパーで発売

スペインの養鶏グループ企業Hevo Groupは代替卵製品OUVEGGの発売を発…

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

スウェーデンの代替肉企業Mycorenaは、廃棄される植物をアップサイクルして、…

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP