代替プロテイン

ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内D2Cもスタート

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

日本のフードテック企業ネクストミーツがアメリカに本格進出する。

同社は焼肉用代替肉の「NEXTカルビ」「NEXTハラミ」、プラントベース牛丼の「NEXT牛丼」を今月よりアメリカで本格展開する。

ネクストミーツが代替肉でアメリカに本格進出

出典:ネクストミーツ

ネクストミーツは「地球を終わらせない。」を理念に、代替肉をはじめとする代替タンパク質の開発で気候危機への対応を目指している。

2020年6月に設立された同社は、スタートアップならではの即断即決を武器に、国内ではイトーヨーカドー、ライフ、ダイエーなどのスーパー、焼肉ライク、IKEAなどのレストランへの導入を実現、今年1月にはSPACスキームで米国のOTCBB上場を果たした。内閣府食堂や気象庁食堂などでも期間限定で導入されている。

「気候変動問題は日本だけでは解決できない」との考えから、アメリカ、シンガポール、ベトナム、台湾、香港、インドなど10を超える国・地域に進出している。

出典:ネクストミーツ

同社は今月、世界最大の代替肉市場であるアメリカでの本格展開をスタートした。まず自社ECサイトを通じて「NEXTカルビ」、「NEXTハラミ」、「NEXT牛丼」を販売する。併せて、ニューヨーク州、コネチカット州、マサチューセッツ州の日系スーパー計6店舗でも上記商品の販売を開始する。

設立から1年半で代替肉の本場市場への進出を実現したネクストミーツ。同社は来月、国内の代替肉企業としては初めて、ラスベガスで開催される世界最大のテクノロジーの祭典CES2022に出展する。CES出展により、アメリカをはじめとする世界市場へのさらなる進出を目指す。

2022年1月8日追記:オミクロン株感染拡大を受け、同社は直前で会場出展中止を決定、代わりにアメリカでラーメンバーガーを開発、成功させた島本敬三シェフをはじめとする4名のシェフが登壇するオンラインクッキングLIVEを開催することに変更した

ネクストミルク「NEXTミルク1.0」のD2Cも開始

出典:ネクストミーツ

動物製品の環境負荷では、牛肉による温室効果ガス排出量が最も多いが、畜産肉ではない牛乳、チーズなど乳製品による環境負荷も無視できない。

牛乳の温室効果ガス排出量は200mlあたり0.63kg、水使用量は125.6L、必要となる土地は1.79㎡となる。

ネクストミーツは環境負荷を軽減するため、卵やミルク、チーズの開発を進めており、今月、オーツ麦を使用した「NEXTミルク1.0」の販売を開始した。同社によるとオーツ麦を原料とした代替ミルクでは、温室効果ガス排出量を約72%、水使用量を約93%、必要となる土地を約92%削減できる。

「NEXTミルク1.0」は食塩・香料・植物油・保存料・乳成分を使用しない、国内で製造されたもので、乳糖不耐症の人や牛乳アレルギーのある人でも摂取できる。現在、自社ECサイトで販売されている。

インドにも進出

出典:ネクストミーツ

ネクストミーツは今月、インドにも進出した。

同社は代替肉を発売するためインドのフードテック企業Vegan Meat Indiaと提携した。インド消費者向けに代替チーズ、ミルク、ツナなどのプラントベース食品の導入も計画している。

将来的には、インドに研究所と生産施設を開設し、インド風製品の開発も計画している。同社は来年度にはインドで実店舗を立ち上げる予定だ。

創業から7カ月でアメリカ上場を達成し、来年にはナスダック上場も予定するネクストミーツ。

海外への進出を急速に進める背景には、環境問題の解決には日本国内の取り組みだけでは限界があるとの考えがある。だからネクストミーツは世界のマーケットを優先する。

驚異のスピード感、メディアを巻き込む巧みな広報戦略、そしてアジアンテイストかつスライスタイプの代替肉という独自性を武器に、ネクストミーツはさらなる市場拡大を目指す。

 

参考記事

代替肉のネクストミーツ、アメリカ市場で本格展開。自社ECサイトで販売開始

【第三のミルク定着へ】フードテックベンチャーのネクストミーツが100%植物性の飲料「NEXTミルク1.0」を発売

 Japanese plant-based company Next Meats forays in Indian market

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ネクストミーツ

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出
  2. 代替母乳を開発するTurtleTreeがシリーズAで約34億円を…
  3. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…
  4. スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉…
  5. 中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、…
  6. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  7. ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠…
  8. 【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等…

おすすめ記事

ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約57億円を調達

植物ベースのビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryがシリーズ…

Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット工場建設を発表

シンガポールにおけるフードテックが加熱している。シンガポールは昨年12月…

「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発

インドとロシアの研究者は、果物、野菜、肉、水産物を包装するための食用の食品フィル…

牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援するRefarm’d

畜産農家のなかには、古くからのやり方はよくないと思いながらも、ほかに生計を立てる…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/19 16:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/19 10:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/19 21:24時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP