代替プロテイン

3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表

>> <<

 

3Dプリンターを活用して培養肉を開発する中国の培養肉企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表した。同社は2025年までに従来の肉と競争力のある価格で培養肉の販売を目指している。

2020年に上海に設立されたCellXは、中国の培養肉企業3社のうちの1社。

同社は中国市場を最初のターゲットとしている。中国ではコロナウイルスとアフリカ豚コレラ発生により、食料安全保障への関心が特に高まっている。現にコロナウイルスが発生した2020年、農業食品ソリューションには前年比66%増の60億ドルという記録的な資金が集まった

こうした現状について、CellXは次のように述べている。

「世界の豚肉の半分以上が中国で消費されています。中国政府は今後数十年で二酸化炭素排出量を積極的に削減することを約束していますので、培養肉は中国の豚肉危機と食料安全保障問題を解決する手段とみなされています」

CellXの研究チームはこれまでにコストを5分の1に削減している。2022年には10分の1に削減し、2025年には従来の動物肉と同等価格にまで削減したいと考えている。

出典:CellX

創業者の楊梓梁氏は、無血清培地を開発し、合成生物学の技術を活用した成長因子を開発することでコスト削減を達成できると考えている。

CellXは今年になってから2回のラウンドで計430万ドルを調達した。ラウンドは中国の主要ベンチャーキャピタルZhenFund(真格基金)が主導した。

現在、25名のチームから構成されるCellXは、調達した資金でチームを拡充し、研究開発を加速する。

培養肉の販売を認めたのは現時点ではシンガポールのみだが、最近では米イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でパートナーシップを発表するなど、シンガポールに続こうとする動きがみられる。

中国では昨年の両会で、孫政協委員が培養肉開発を強化し、法整備を進め、培養肉の開発に従事する企業を支持するよう訴えている。こうした動きは、中国が食料保障問題を解決するうえで培養肉を前向きにとらえている表れとも見ることができる。

 

参考記事

Shanghai Startup CellX Debuts Cultivated Pork, Bags $4.3M To Bring Cell-Based Meat To China

36氪首发 | 3D打印出动物肉的口感,细胞培养肉公司「CellX」完成数千万元人民币天使轮融资

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:CellX

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レスト…
  2. 動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億…
  3. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  4. チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続…
  5. オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提…
  6. スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉…
  7. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  8. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…

おすすめ記事

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

AI、ロボット、ブロックチェーンを活用する韓国のスタートアップLOUNGE'LA…

代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年夏の稼働を目指す

代替肉企業ネクストミーツが代替肉の製造に特化した自社工場「NEXT Factor…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大の醸造会社の大麦をアップサイクル

世界で1年間に醸造で使用される大麦は900万トンとされる。使用済みの大麦…

MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出

イスラエルの培養肉企業MeaTechは、米国特許商標庁(USPTO)に植物由来成…

培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミート(Mosa Meat)が新たに100…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP