Foovo Deep

培養マグロを開発するWanda Fishが約10億円を調達

 

培養マグロを開発するイスラエル企業Wanda Fishがシードラウンドで700万ドル(約10億円)を調達した

オランダを拠点とする水産養殖投資ファンドのAqua-Sparkがラウンドを主導し、Strauss GroupによるThe Kitchen – FoodTech HubPeregrine VenturesPICO Venture PartnersMOREVCCPT Capitalなどが参加した。

本ラウンドは昨年3月のプレシードラウンドでの資金調達に続くもので、今回の資金調達によりWanda Fishの調達総額は1,000万ドル(約14億円)となった。Wanda Fishは調達した資金で、培養マグロの切り身の生産拡大を図る。

脂肪を含んだ培養マグロ

出典:Wanda Fish

Wanda Fishは、培養マグロの開発に取り組む企業として2021年に設立された。

プレスリリースによると、同社が開発する培養マグロの切り身は、魚の筋肉と脂肪細胞から構成され、オメガ3脂肪酸や他の必須栄養素など天然由来と同じタンパク質・脂肪酸を含んでおり、天然マグロの食感、風味、栄養価を再現しているという。

マグロは乱獲により絶滅の危機に瀕している人気の魚種だが、飼料資源、仕切りのサイズ要件、飼育下での繁殖の難しさなどから、養殖は持続不可能であると考えられている。また、マグロは海洋で最も汚染された魚種の1つとされ、プラスチック破片や水銀など高濃度の重金属で汚染されていることが多い。

こうしたなか、持続可能で安定供給ができるマグロの需要が高まっているとWanda Fishは指摘している

最終製品の脂肪量を正確に調整

出典:Wanda Fish

マグロは部位によって脂肪の含有量が異なり、部位別に大トロ、中トロ、赤身と呼ばれる。Wanda Fishは独自技術により、最終製品の脂肪含有量を調整することで、人気のあるトロなどさまざまな切り身マグロを作成できると述べている。

イスラエル・イノベーション庁のインキュベーションプログラムの一環としてフードテック企業を支援するThe Kitchen – FoodTech HubでCEOを務めるJonathan Berger氏はWanda fishについて、「プロトタイプ到達まであとわずか」だと述べており、Wanda fishの培養マグロ切り身のプロトタイプが発表される日は遠くないかもしれない。

培養マグロの開発状況

出典:BlueNalu

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Wanda fish

 

関連記事

  1. 培養魚レポート・販売開始のお知らせ
  2. Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中…
  3. アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施…
  4. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を…
  5. 6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガ…
  6. DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提…
  7. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  8. ドイツのThe Cultivated B、EFSAに向けた培養ソ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

Change Foodsが約13億円を調達、精密発酵の市場投入を加速するパートナーシップを締結

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsは、シードラウンドで追加の…

New Cultureが世界で初めて精密発酵カゼインでGRAS自己認証を発表

精密発酵でカゼインを開発する米New Cultureが、世界で初めて精密発酵カゼ…

牛乳の全成分を含んだ培養ミルクを開発するカナダ企業Opalia

カナダ、モントリオールを拠点とするOpalia(オパリア)は、ウシ胎児血清(FB…

微生物とAIで新素材を発見するKingdom Superculturesが約28億円を調達

天然の微生物を組み合わせて新しい素材を開発する米Kingdom Supercul…

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシン…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP