3Dプリンター

MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUmami Meatsと協業

 

バイオ3Dプリンターで培養肉を開発するイスラエルのMeaTechは、3Dプリンターによる培養シーフードの共同開発でシンガポールのUmami Meatsと基本合意書(MOU)を締結したことを発表した

Umami Meatsは、気候危機、乱獲、消費者需要の継続的な高まりにより供給不足が懸念されるシーフードを細胞培養で開発する企業として2020年に設立された。具体的にはニホンウナギ、キハダマグロ、タイの3種を開発しており、今年3月にプレシードラウンドで240万ドル(当時:約2億7000万円)を調達している

MeaTechが培養シーフードのUmami Meatsと協業

出典:MeaTech

MeaTechとUmami Meatsの協業は、二社のアジア市場、特に、現時点で培養肉の製造販売を唯一認可しているシンガポール市場への参入に弾みをつけるものとなる。

プレスリリースによると今回の合意は、代替タンパク質分野で他社プレーヤーと協力し、多種多様な種の開発、3Dプリントに自社の技術的な柔軟性を利用するというMeaTechの戦略の1つとなる。

MeaTechはUmami Meatsとの協業により、開発中の牛、豚、鶏製品のポートフォリオにシーフードを追加できるようになる。

Umami Meatsにとっては、MeaTechの「産業用の生産速度でピンポイントに複雑な肉製品を生産できる革新的なバイオ3Dプリンティング技術」を活用することで、構造化された培養シーフード製品の改良につなげられると考えられる。

出典:MeaTech

MeaTechは自社ブランドの構築よりも、培養肉の工業的な量産に焦点をあててきた。バイオ3Dプリンティングを組み合わせた培養肉生産プロセスで他社とライセンス契約を結び、他社をサポートしたいとの考えを示しており、Umami Meatsとの協業はそうしたMeaTechの最終的なゴールへの第一歩だと考えられる。

培養肉業界では今回のような協業がほかにも報告されている。

ドイツの培養シーフードBluu Seafoodは4月、3Dプリンターを使って培養豚肉を開発する中国のCellXと戦略的パートナーシップを結んでいる。二社は、原材料の調達、生産施設の建設、販売パートナーなどバリューチェーン全体で互いをサポートしていくことを計画している。

欧州のパイロット工場は来年スケールアップ生産を開始

出典:MeaTech

MeaTechはアジア市場のほか、欧州でも上市に向けた準備を進めている。

同社子会社のPeace of Meatは今月、安定した独自の鳥類細胞株を樹立したことを発表した。Peace of Meatは生産プロセスでマイクロキャリアを使わずに培養肉製品を開発する企業であり、2021年には培養鶏脂の生産に成功している。

Peace of Meatはベルギーに研究施設を併設したパイロット工場を建設予定で、2023年にはスケールアップを開始する予定だという。

今年5月には、マイコプロテインのENOUGHと培養ハイブリッド肉の共同開発で提携している。ENOUGHのほかにも、食肉メーカーや代替タンパク質企業との協業を通じた培養ハイブリッド製品の上市を目指している。

欧州での認可取得には時間がかかると予想されることから、今回のUmami Meatsとの協業により、MeaTechがアジア市場への参入を一足先に実現しようとしているのは間違いないだろう。同社はアジアに焦点をあてた培養肉コンソーシアム「APAC-SCA」にも参画しており、アジアにおける培養肉のルール形成の促進にも関与している。

MeaTech創業者兼CEOのArik Kaufman氏は「シーフード部門に参入することを嬉しく思います。これによって、アジア全体さらには世界中の新たな市場へ参入する道が開かれるでしょう」とコメントしている。

 

参考記事

MeaTech 3D Announces Collaboration with Umami Meats, a Singaporean Cultured Seafood Company

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Umami Meats

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  2. Motif FoodWorksが新成分ヘム「HEMAMI」を発売…
  3. 植物性ペットフードV-planetが日本、韓国で発売を開始
  4. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  5. 米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|…
  6. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…
  7. 草食動物の腸内細菌で代替タンパク質を開発する米SuperBrew…
  8. 牛に頼らず酵母で乳タンパク質を再現するフランス企業Bon Viv…

おすすめ記事

Current Foodsが生食用代替シーフードのDtoC予約販売受付を開始

代替シーフードを開発・製造するアメリカ企業Current Foods(旧Kule…

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはない…

Mycorena、マイコプロテイン由来のバター試作品を発表

マイコプロテインを活用した代替肉を製造、販売するスウェーデン企業Mycorena…

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつあ…

フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功

フィンランド技術研究センター(VTT)の研究チームは、細胞農業によりコーヒー豆を…

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/17 19:04時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
2,090円(08/18 12:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(08/18 00:34時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(08/17 15:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP