代替プロテイン

Daisy Labがシード資金を調達、今年半ばに精密発酵プロトタイプ生産へ

 

ニュージーランドの精密発酵企業Daisy Labは今月、シードラウンドを完了した

昨年末にValues Trustが開始したラウンドには、Icehouse VenturesOutset VenturesPaul Davidson氏Even CapitalSerge van Dam氏Melanie Vivian氏Adam Clark氏Sustainable Food Venturesが参加した。

Daisy Labは調達した資金で、ホエイタンパク質の生産をスケールアップし、カゼインタンパク質の研究を継続していくとしている。

精密発酵は、畜産に頼らずにタンパク質や他の特定成分の生産を可能にする技術で、代替タンパク質における急成長分野とされる。同技術は、食品業界に革命をもたらし、気候変動や食料不安など、地球が直面しているいくつかの主要課題に対するソリューションとなる可能性を秘めている。

2023年上半期にプロトタイプ生産へ

出典:Daisy Lab

Daisy Labは昨年6月、Westpacとニュージーランド政府が共同運営するWestpac NZ Government Innovation Fundから資金提供を受け、ホエイタンパク質の研究を拡大した。

2022年10月、ホエイタンパク質の3つの発現システムを確立し、1つについてはスケールアップの準備ができていることを発表した。次のステップとして、グラムからキログラムへの拡張を目指しており、2023年半ばまでにプロトタイプ(アイスクリームかヨーグルト)を生産する予定だとしている

Vegconomistの報道によると、Daisy Labはニュージーランドのアイスクリーム、ヨーグルトメーカーと交渉を行っているという。

精密発酵由来のホエイタンパク質については、これまでにパーフェクトデイRemilkが上市を実現しており、Daisy Labもこのリストに加わろうとしている。

カゼインタンパク質を上市した事例はまだ確認されていないが、上記3社のほか、Change FoodsEden BrewFooditiveImagindairyNew Cultureなどさまざまな企業が開発に着手しており、今後の上市の動向が注目される。

 

参考記事

We raised our seed round!

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Daisy Lab

 

関連記事

  1. 微生物で世界に挑戦|合成生物学の世界大会iGEM参加のため、東大…
  2. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  3. 日本初|植物肉グリーンカルチャーが植物魚に参入、7月より寿司屋で…
  4. CSIROが支援するEden Brewが約6.4億円を調達、精密…
  5. EUが精密発酵・藻類由来食品を開発する企業に約78億円の資金提供…
  6. 米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|…
  7. KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート
  8. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米Plantible Foodsがウキクサ由来の植物性代替卵を発表

ウキクサから高機能タンパク質を抽出する米スタートアップPlantible Foo…

細胞農業(細胞培養・精密発酵)で代替母乳を開発するスタートアップ企業9社

健康上の理由、仕事による必要性、母乳が出ないなどの理由により授乳できない母親とそ…

機械学習でフードロス削減に取り組むFloWasteが約1億2400万円を調達

フードロス削減に取り組むFloWasteがシードラウンドで110万ドル(約1億2…

イスラエルのEver After Foodsが「破壊的な」培養肉生産プラットフォームを発表

費用対効果の良い培養肉生産プラットフォームを開発するイスラエル企業Ever Af…

植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約19億円を調達

代替タンパク質の原料は細胞培養、微生物発酵から、えんどう豆、大豆、オーツ麦など植…

Orbillion Bio、欧州35ヵ国への培養牛肉販売に向けてパートナーシップを拡大

アメリカを拠点とするOrbillion Bioは欧州での培養肉上市に向けて、オラ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP