代替プロテイン

Vowの培養ウズラ肉、シンガポールのレストランがメニューに導入、来月提供へ

 

オーストラリアの培養肉企業Vowが先月、シンガポールで培養肉の販売認可を取得したことは記憶に新しい。

シンガポールの高級レストラン「MORI」で先月、培養ウズラ肉を使用した限定メニューが提供され、Foovoも初めて培養肉料理を食べることができた。この提供は約2週間の期間限定で4月27日に終了した。

次の販売場所としてVowが選定したのは、Tippling Clubというシンガポールレストランだ。培養ニホンウズラ「Forged Parfait」を使用した料理は5月3日から5月14日まで、Tippling Clubのランチ・ディナーのメニューに導入される

Vowの培養ニホンウズラがレストランのメニューに

Tippling Club 出典:Vow

Tippling Clubは、培養ニホンウズラ「Forged Parfait」をメニューに導入したシンガポール・世界初のレストランとなった。

シェフRyan Clift氏との協力により、ランチでは「Classic Menu」と「Premium Menu」の2つのメニューに、ディナーでは「Classic Tasting Menu」に導入される。

出典:Vow

Classic Menu」は100ドルで5コースメニュー、「Premium Menu」と「Classic Tasting Menu」は250ドルで6コースメニューとなる。高価格帯だが、最初に導入された「MORI」(289シンガポールドルだった)と比較すると、ランチコースは手の届きやすい価格帯になっている(予約はこちらから)。

Vowは次の発売も予定しているようだ

これまでの培養肉販売

出典:イート・ジャスト

最初にシンガポールで培養肉を販売したGOOD Meat(イート・ジャストの培養肉部門)は会員レストラン1880で提供後、2021年に培養肉をデリバリーするという革新的な試みを行った。その価格は約15ドルで、シンガポール国内にいれば毎週木曜日にフードパンダのアプリで注文できるというものだった(Foovoも木曜日に合わせて出張したが、不運にもレストランが当日休みで注文できなかった)。

出典:イート・ジャスト

同社はその後も、精肉店に隣接したレストランHuber’s Bistroで毎週木曜日に培養肉料理を提供していたが、現在は一時的に供給を停止している(再開予定はある)。GOOD Meatは今年、シンガポールで生産量を例年の2倍にする計画を明らかにしており、近く、Huber’s Bistroでの提供を再開すると思われる。

アメリカではUpside FoodsGOOD Meatの二社が販売認可を取得しているが、現在は培養肉を提供していない

Tippling Clubは現状、世界で唯一培養肉を提供するレストランであり、どれだけのシンガポール国民にリーチできるかが注目される。

Foovo作成

今年はオランダのMeatableや、すでにイスラエルで認可を取得しているアレフ・ファームズなど、他社もシンガポールでの認可取得が期待されており、シンガポールで同時に数社が培養肉を販売する年になるかもしれない。

 

参考記事

Vow LinkedIn

https://www.forgedbyvow.com/the-feed/forged-by-ryan-clift/

https://www.exploretock.com/tippling-club/

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Vow

 

関連記事

  1. 米Liberation Labs、アメリカで精密発酵工場の建設を…
  2. スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入
  3. Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカ…
  4. 伝統的なチーズ製法で植物チーズを開発するデンマーク企業FÆRM
  5. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  6. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  7. MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロ…
  8. モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の液状卵EVERY Eggを発表

精密発酵で卵白タンパク質を開発する米The Every Companyが、鶏に依…

バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億円を調達

スイスの代替肉企業Plantedが今月、シリーズAラウンドで1700万フラン(1…

植物性チキンナゲットのNowadaysが事業を停止

植物性チキンナゲットを製造販売する米Nowadaysが事業を停止したことが明らか…

パーフェクトデイの子会社The Urgent Companyがアイスクリーム企業を買収、精密発酵タンパク質の普及がさらに加速

パーフェクトデイの子会社であるThe Urgent Companyが2021年1…

DICがスピルリナ由来ヘムを開発する米BYASに出資を発表

DICは、藻類由来製品の事業拡大のために米Back of the Yards A…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP