Foovo Deep

エストニアで進むマイコプロテイン開発|ホールカット代替肉を開発するFunkiとMati Foodsの取り組み

 

エストニア発のマイコプロテイン企業Funkiは、今後5年から10年で、食用菌糸体は食肉に代わる最も成功した食品になると予想している。

菌糸体バイオマスはタンパク質と食物繊維を豊富に含み、植物性の代替肉よりも食感や味覚が優れているとされる。近年、菌糸体由来のタンパク質開発に取り組む企業は増えており、2022年設立のFunkiはその一社となる。

エストニアのマイコプロテイン企業Funki

出典:Funki

Funkiの主原料であるマイコプロテインは、発酵により増殖させた菌糸体バイオマスだ。Funkiのマイコプロテインは、必須アミノ酸をすべて含み、オートミールよりも食物繊維を3倍多く含み、コレステロール・飽和脂肪酸は含んでいない。

栄養面だけでなく、製造における資源効率の良さも同社マイコプロテインの魅力といえる。公式サイトにはホールカットの代替肉が掲載されているが、菌糸体バイオマスからは様々な製品を製造できるという。

Funkiは最近、生産・開発における重要なマイルストーンを達成した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Funki

 

関連記事

  1. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…
  2. スイスのPlanted、発酵技術を使用した植物性ステーキを欧州3…
  3. Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧…
  4. NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ…
  5. 細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foo…
  6. Oshiのホールカットの植物サーモン、ニューヨークで発売
  7. 培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点…
  8. 独Cultimate Foods、培養脂肪を使用したハイブリッド…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Foodsの買収で合意

ブラジルの食肉加工世界最大手JBSは18日、スペインの培養肉企業BioTech …

The Food Robotics Summit2021に登場したフードロボット・次世代自販機9社

2021年5月19日、海外フードテックメディアThe Spoon主催のArtic…

Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが、予約注文の受付を開始したことを発表…

Helaina、精密発酵によるラクトフェリンの商用化へ移行、機能性食品参入に意欲

アメリカのバイオテック企業Helainaは、精密発酵によるラクトフェリンの生産に…

細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円を調達

哺乳類細胞の培養により牛乳を開発するBrown Foodsは今月、シードラウンド…

アレフ・ファームズ、タイ初の培養肉工場建設でBBGI、Fermbox Bioと提携|慎重なスケールアップ戦略で持続可能な市場進出へ

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは先月、タイに培養肉工場を建設することを…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP