Foovo Deep

Remilkがカナダで精密発酵乳タンパク質の認可を取得

 

精密発酵で乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkは今月5日、カナダ保健省から「異議なし」のレターを受け取り、カナダでβ-ラクトグロブリンの使用・販売が可能になったことを発表した

乳タンパク質は大きくホエイタンパク質とカゼインタンパク質に分類される。ホエイタンパク質には、β-ラクトグロブリン、α-ラクトアルブミン、ラクトフェリンなど多くのタンパク質が含まれている。この中で、食品用途で精密発酵によるタンパク質開発が最も先行しているのがβ-ラクトグロブリンだ。

β-ラクトグロブリンを開発する精密発酵企業が増えるなか、カナダで精密発酵による乳タンパク質の販売認可を取得したのはRemilkが世界初、タンパク質ではインポッシブルフーズに続き2社目になる。

Remilkがカナダで精密発酵乳タンパク質の認可を取得

出典:Remilk

Remilkのアニマルフリーなβ-ラクトグロブリン(Komagataella phaffii yRMK-66由来)は、牛由来と同等だが、牛に頼らず、精密発酵により生産されている。

Remilkは昨年2月、アメリカ食品医薬品局(FDA)から「異議なし」のレターを受け取り、シンガポール食品庁(SFA)の認可を取得した。昨年4月、イスラエル保健省からも認可を取得し、イスラエルで最初に認可を取得した企業となった。カナダ保健省の認可により、4ヶ国で販売認可を取得したこととなる。

「FDAからの青信号に続き、私たちは規制戦略においてカナダを優先しました」とRemilkの共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のAviv Wolff氏は述べている。

Wolff氏はさらに、「カナダは当社にとって重要な市場であり、カナダ国民に比類のない乳製品体験を提供する機会を得て、最初に参入できることを大変嬉しく思います。当社は現在、カナダの大手食品会社と提携し、消費者に罪悪感なく味わうという全く新しい体験を提供する準備ができています」と述べ、カナダで上市するためにパートナー企業を探していることに言及している。

4ヵ国で認可を取得

イスラエルの精密発酵企業Remilk 出典:Remilk

4つの地域で販売認可を取得したRemilkだが、これまで発売が確認されているのはアメリカのみ。

昨年1月、General MillsがRemilkの乳タンパク質を使用したクリームチーズ「Bold Cultr」の発売を発表したものの、General MillsのコーポレートベンチャースタジオG-Worksが「Bold Cultr」に対する資金提供の優先度を下げる決定を下したため、「Bold Cultr」は昨年2月でクローズした。これに伴い、Remilkの最初の製品もわずか1ヶ月で販売終了となった

昨年4月の時点で、イスラエル食品最大手Central Bottling CompanyCBCグループ)との提携を通じて、イスラエル国内での販売間近だと公表されていたが、販売は確認されていない。CBCグループは乳業メーカーTara Dairy所有しているため、Tara Dairyを通じてイスラエル国内にRemilkの乳タンパク質が流通していくのだろう。

世界の精密発酵タンパク質認可の現状

Aviv Wolff氏 出典:Remilk

精密発酵タンパク質で認可を取得した企業を地域別にまとめると次のようになる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Remilk

 

関連記事

  1. EUから出資を受けるドイツの微細藻類スタートアップQuazy F…
  2. スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円…
  3. スペイン乳業メーカー、代替乳製品開発に向けた「Mylkcubat…
  4. 機能性成分としての培養タンパク質粉末を開発する韓国のSimple…
  5. 培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシア…
  6. 中国のJoes Future Foodが豚の培養脂肪のパイロット…
  7. 米Ayana Bio、植物細胞培養でカカオなどの生理活性物質の開…
  8. ダノンが精密発酵企業Imagindairyに出資、細胞農業企業で…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Foodsが約2.6億円を獲得、ビーガンシーフード分野へ注力

藻類や微細藻類の力を利用して代替タンパク質製品を開発するフランスのAlgama …

全卵タイプの植物性代替卵を開発するYo Egg、アメリカで小売進出を実現

植物性の全卵製品を開発するイスラエル企業Yo Eggが今年3月、アメリカで小売進…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Pr…

ブラジル初の培養脂肪企業Cellva Ingredientsが約2億円を調達

南米初の培養脂肪企業Cellva Ingredientsがシードラウンドで650…

Meatable、シンガポールへ培養豚肉餃子の導入を目指してESCO Asterと提携

オランダの培養肉Meatableは、世界で最初に培養肉製造認可を取得したシンガポ…

培養肉の法整備を目指す議員連盟が発足、年内に試食実現のための提言へ

自民党の有志議員による「細胞農業によるサステナブル社会推進議員連盟」が13日、発…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP