新しい食

フィンランドの研究チームが細胞培養コーヒー生産に関する論文を発表|コーヒーの持続可能なエコシステム構築に向けて

 

フィンランド技術研究センター(VTT)の研究チームは、コーヒーの持続可能なエコシステム構築を促進するため、細胞培養によるコーヒー生産に関する論文を発表した

VTTが細胞培養によるコーヒー生産に成功したのは2021年9月

細胞培養コーヒーの生産成功から2年後、そのプロセスを文書化した論文「Proof of Concept for Cell Culture-Based Coffee(細胞培養コーヒーの概念実証)」がJournal of Agriculture and Food Chemistryに掲載された。

同論文には、研究者らがコーヒーノキ(Coffea arabica)の葉からカルスを生成し、継代培養した方法から、得られたコーヒー細胞に対して条件を変えて焙煎し、対照群サンプル(市販のコーヒー)とのカフェイン含有量、官能分析、風味分析の比較などが掲載されている。

コーヒー生産が直面する課題

未焙煎から焙煎条件を変えた細胞培養コーヒー粉末のサンプル 出典:Proof of Concept for Cell Culture-Based Coffee

なぜ、細胞培養によりコーヒーを作ろうとするのか疑問に感じる読者もいるかもしれない。それは、コーヒー需要が高まる一方で、コーヒー豆の生産が土地と水の利用、児童労働、気候変動などさまざまな持続可能性の課題に直面しているからだ。

1杯のコーヒーには140Lの水が必要だと推定されている。世界最大のコーヒー生産国であるブラジルでは2023年、観測史上最悪とされる干ばつの被害が報告された。こうした現象はコーヒーの価格上昇や供給変動をもたらす可能性がある。

食品サプライチェーンにおいてコーヒーは、6番目に温室効果ガスを排出する食品・飲料とされる

コーヒー栽培による気候変動の加速は、回りまわってコーヒー栽培に負の影響をもたらす。

コーヒーの栽培地域は赤道周辺にあり、気候変動の影響を受けやすいからだ。現に気温上昇は、さび病などコーヒー生産にとって深刻な病気の原因となり、2050年にはアラビカ種の生産地が現在の半分になる可能性が指摘されている

出典:VTT

細胞農業は、コーヒー生産におけるこれらの問題を持続可能な方法で解決する可能性を秘めている。施設内でコーヒーを作れるようになると、コーヒー豆の栽培に適さない気候の地域でも生産できるようになる。

コーヒーの生産期間を大幅に短縮できる可能性も細胞農業がもたらすメリットだ。VTTによると、従来のコーヒー栽培では、年に1-2回の収穫に限られるが、研究室で生産されるコーヒーでは、種から植物を栽培する必要がなくなるため、生産期間を1ヶ月に短縮できるという。

持続可能なコーヒー生産のエコシステム創出を目指して

Heiko Rischer博士 出典:VTT

しかし、細胞培養コーヒーをスーパーの棚に並べる道のりはまだ完全ではないと、VTTで植物バイオテクノロジー責任者兼主席研究員を務めるHeiko Rischer博士は指摘する。

「バイオリアクターでコーヒー細胞を培養することと、それを商業的に実行可能な製品にすることはまったく別問題です。

異なる品種に由来する原材料、土壌、標高、気候、さらにはコーヒー豆が栽培された年、焙煎、発酵、醸造のプロセスすべてが、最終製品に影響を与えます。研究室で作られるコーヒーはより厳密に管理されていますが、例えば焙煎のアプローチの違いは、消費者が重要視するコーヒーのアロマプロファイルに大きな影響を与えます」

(Heiko Rischer博士)

VTTは、栽培者、焙煎業者、ブレンド業者、発酵業者、コーヒーブランドなど、コーヒーバリューチェーンに関わるプレーヤーが協力することで、細胞培養コーヒーという持続可能なコーヒーの商用化に必要なプロセスの構築につながると考えている。

今回の論文発表には、新しいコーヒー生産を開拓するためのリソース、知見、推進力を備えたエコシステムの創設を後押したい考えが背景にある。

出典:VTT

コーヒー生産が直面する課題解決を目指すのはVTTだけではない。フランス企業STEM、米Compound Foods、米Atomoなどが豆に依存しないコーヒーを開発している。

Compound Foodsはチコリ、イナゴマメなどさまざまな原料から代替コーヒー・Minusオンラインで販売している。「世界で最初に細胞由来コーヒーを開発する企業」だと述べるSTEMは、VTTと同じく、コーヒーの葉から採取した細胞を培養することでコーヒーの開発に取り組んでいる。

過去の報道でVTTは商用化に向けた企業支援を視野にいれているとしていた

これまでにVTTからは、精密発酵で卵白タンパク質を開発するOnego Bioがスピンオフされているため、今後はVTTから新たなスタートアップが誕生するかもしれないし、STEMやコーヒーメーカーなどとの協業が広がっていく可能性もあるだろう。

 

参考記事

Scientists in Finland release the recipe for lab-grown coffee to accelerate the creation of a new coffee ecosystem

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:VTT

 

関連記事

  1. 精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワ…
  2. 世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試…
  3. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…
  4. コロラド州の植物肉バーガー企業が米MeliBioの代替ハチミツを…
  5. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発
  6. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  7. Index Biosystemsが開発したバイオ由来の微細バーコ…
  8. 精密発酵により代替タンパク質を開発する企業23社

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

スペインのLibre Foodsが菌糸体由来の代替鶏胸肉を発表、2024年に発売へ

菌糸体を活用して代替肉を開発するスペイン企業Libre Foodsは先月、欧州初…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

黄エンドウ豆から代替チーズを開発する英スタートアップ、英政府系機関から助成金を獲得

ノッティンガム大学のスピンオフベンチャーであるThe Good Pulse Co…

ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosciencesが約46億円を調達

ゲノム編集技術を活用して持続可能な熱帯作物を開発するイギリスのTropic Bi…

ネスレはコルビオンと提携して植物由来食品用の素材を微細藻類から探索

 ネスレは、植物由来食品分野を強化していく一歩としてオランダのコルビオンと提携し、アニマルフ…

精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億円を調達

アジアに新たな精密発酵企業が登場した。インドのPhyx44は、シードラウンドで1…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP