代替プロテイン

中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

 

このニュースのポイント

 

●中国で2020年に創業したCellXが資金調達(非公開額)

●CellXはバイオ3Dプリンティング技術を用いて培養肉開発に取り組む

2021年第2四半期に試作品発表

●Forward Foodingにより2020年フードテック500社に選出された

 

中国培養肉スタートアップのCellXは、数百万元の資金調達を実施した。

CellXは2020年に設立されたスタートアップ。

同社は組織工学とバイオ3Dプリンティング技術を活用して、細胞ベースの培養肉の開発に取り組んでいる。

畜産がかえるジレンマ

地球上で人が住める場所の45%が畜産のために使われ、さらに10%が家畜に与える飼料を育てるために使われている。

家畜を飼育するため必要な農地は全体の77%に達し、人が食べる食料を育てるための農地は全体のわずか23%にすぎない。

家畜は農地の大部分を使うにも関わらず、家畜由来のタンパク質は全体の37%にすぎない

また、牛肉1kgを生産するために11kgの穀物が必要となるなど、畜産物の生産には、その何倍もの穀物を用意する必要があり、農地の大部分を畜産が占めている

高密度に飼育する集約畜産には倫理的な問題があるほか、成長を早めるためのホルモン剤・病気を予防するための抗生物質の過剰使用も問題になっている。

家畜の排せつ物による悪臭、水質汚濁も問題視されている。

さらに、日本では2020年、鳥インフルエンザによる殺処分数が345万羽と過去最多となっている。

こうした畜産が抱えるジレンマを解決するために取り組むスタートアップは多い。

CellXもその1社で、創業者・CEOの楊梓梁は次のように語っている。

「人類は1万年前、農業革命により、人のために野生動物を使うようになりました。畜産業による十分な食料が人類の現代の文明を築いたといえます。

ですが、土地や水資源、エネルギーの過剰使用、温室効果ガスの排出、抗生物質やホルモン剤の過剰投与、さらには動物の基本的な福祉の蹂躙など、畜産業はたくさんの問題を抱えています。

CellXの願いは、新しい農業改革を起こすことです。細胞を使って、動物の体外で培養肉を開発し、これまでの畜産が抱える問題を解決します。細胞農業を実現することで、人、動物、環境に貢献したいと思っています」

2021年第2四半期に試作品を発表予定

CellXの公式サイトには詳細な情報は公開されていない。

同社はIFA国際未来農業中国の代替タンパク質部門トップ20社に選ばれているほか、イギリスの雑誌Forward Foodingが選出した2020年世界のフードテック企業500社に選ばれている。

現在は、浙江大学と協業し、技術開発・製品開発を進めている。

2021年第2四半期に最初の培養肉プロトタイプを発表する予定で、この時に300万ドルの出資を募るという。

現在、中国の培養肉企業は数えるほどしかないが、昨年の両会(全国人民代表大会・全国人民政治協商会議)で、「代替肉」はホットなテーマだった

そのきっかけは、孫宝国政協委員の次の言葉

「培養肉研究を行い、先進国が技術を独占している状況を打破すること。中国の将来の食肉供給を確かなものとして、代替肉開発のトップの座に立つこと。

これらには戦略的に重要な意義がある」

と述べ、代替肉の開発を強化し、法規制を整えるよう呼びかけた

この言葉にこたえるように、12月には南京周子未来食品が約3億円の資金調達に成功している。

CellXの今回のラウンドには、中国のLever China(力矩中国替代蛋白基金)、イギリスのAgronomics、ドイツのPurple Orange Ventures、チリのHumboldt Fundなどが参加した。

CellXは今回の資金を製品開発、チーム拡充にあてるとしている。

 

参考記事

36氪首发丨综合运用3D生物打印与组织工程技术,细胞培养肉公司CellX完成数百万元种子轮融资

 

関連記事

 

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中…
  2. 培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogen…
  3. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…
  4. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…
  5. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  6. 培養肉スタートアップのモサミートが約58億円を資金調達
  7. 藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液…
  8. オランダのビーガンシーフードスタートアップMonkeys by …

おすすめ記事

オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフリーな「骨付きラムチョップ」の開発も視野に

現在、世界には60社ほどの培養肉企業があるが、スタートアップの多くは、牛肉、豚肉…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

新型コロナの発生により、自動販売機が新しく生まれ変わろうとしている。日本…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Foods、2022年の市場投入を目指す

アメリカを拠点とするAqua Cultured Foodsは、微生物発酵技術によ…

食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Foodsの買収で合意

ブラジルの食肉加工世界最大手JBSは18日、スペインの培養肉企業BioTech …

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/17 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/16 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP