代替プロテイン

代替母乳のTurtleTree、カリフォルニアに研究施設開設を発表

 

細胞農業により代替母乳を開発するシンガポール企業TurtleTreeは、カリフォルニア州ウエストサクラメントに研究施設を開設した

この施設は24000平方フィートの広さで、現在はまだ使用中だが、来年には空室になるという。準備に最低6ヶ月かかる見込みで、来年に正式稼働する予定。

研究施設オープン時には40名を雇用し、ラクトフェリンなどの乳成分の生産に使用している精密発酵技術を強化するという。

TurtleTreeはウエストサクラメントに研究施設を設立することについて、「(同社が)開発した独自製品を市場へ投入する第一歩」だとしている。

共同創業者のMax Rye氏(左)とFengru Lin氏(右) 出典:TurtleTree

TurtleTreeはシンガポールを拠点とするスタートアップ企業で、細胞培養による母乳、ミルクを開発している。今年の夏に、最初に商用化される成分がヒトラクトフェリンとなることを発表した。ラクトフェリン製品は、乳児用やスポーツ用栄養製品に組み込む形で商用化される。

商用化の第一段階として、TurtleTreeは他社が食品や栄養食品に使用するための成分として提供する。最終的に、環境負荷をもたらすことなく、牛乳や母乳を完全に再現することを目指している。

8月、TurtleTreeはノースカロライナ州を拠点とするSolar Biotechとの提携を発表した。

Solar Biotechは他社が自社でプラットフォームを構築しなくても、スケールアップし、市場へ早期投入できるよう支援するスタートアップ。同社のBioNodesというモジュール工場を活用すると、合成生物学製品の市場投入時間を数年から数ヵ月に短縮でき、コストを現在の10分の1に抑えることが可能となる。

出典:TurtleTree

TurtleTreeは代替母乳のスケールアップのためにSolar Biotechのバイオプロセス技術を活用する。

TurtleTreeは元Google社員のFengru Lin氏Max Rye氏が2019年に立ち上げたシンガポール企業。クランチベースによると、直近のラウンドはシードラウンドで、調達総額は940万ドルとなる。

同社は6月、アメリカ、ウッドランドにあるインキュベーターAgStartに研究拠点を追加した。今回のサクラメントへの研究施設開設により、アメリカ市場への代替ミルク・代替母乳導入が加速することが予想される。

 

参考記事

Food tech startup TurtleTree plans R&D facility in West Sacramento

TurtleTree Launches New Research and Development Facility in Greater Sacramento

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:TurtleTree

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉アレフ・ファームズ、安価でオープンな増殖培地の開発でWAC…
  2. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  3. 培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表…
  4. 米UPSIDE Foodsが培養鶏肉の提供でミシュラン星付きシェ…
  5. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…
  6. ビヨンドミートとペプシコがジョイントベンチャーThe PLANe…
  7. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  8. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出

おすすめ記事

Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業を効率化

カリフォルニアを拠点とするHyphenは、外食産業向けの新しいキッチンプラットフ…

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicがシリーズAラウンドで1630万ドル(…

培養肉でメキシコ初のスタートアップMicro Meatは量産化段階にはいる

細胞農業の進歩により培養肉がスーパーの棚に並ぶ日も近いのかもしれない。M…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す

このニュースのポイント ●Change Foodsがプレシードで約9…

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

スウェーデンの代替肉企業Mycorenaは、廃棄される植物をアップサイクルして、…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 17:58時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/21 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP