代替プロテイン

イギリスのマクドナルドが代替アイスクリームの試験販売を開始

 

マクドナルドがイギリスで代替アイスクリームの試験販売を開始した

チョコレートとストロベリーの2フレーバーで、6月12日から9月3日まで期間限定で提供される。

マックフルーリーのようにカップで提供される「Scoop」は1.59ポンドで、イングランド北西部の52店舗で提供される(取扱い店舗はこちら)。

Vegconomistの報道によると、マクドナルドがビーガンアイスクリームを販売するのはこれが初ではない。2022年、ドイツのマクドナルドがビーガンタイプのマックフルーリーを発売。ドイツでは現在も、ビーガンタイプのマックフルーリーマックサンデーの2製品を提供している。いずれもエンドウ豆タンパク質を原料にしている。

イギリスのマクドナルドがビーガンアイスクリームの試験販売を開始

出典:マクドナルド

ドイツで提供されるビーガンアイスクリームがエンドウ豆を原料にしているのに対し、イギリスのビーガンアイスクリーム「Scoop」は、ココナッツオイル、グルコースシロップなどを原料にしている。9月3日までの販売が成功すれば、来年、イギリス全土で発売される可能性があるという。

出典:マクドナルド

マクドナルドは「Scoop」の試験導入と同時に、ビーガン向けのフローズンデザート「McFreezy」も試験導入した。オレンジとマンゴー&パイナップルの2フレーバーで、ジュースをベースにした製品となる。「McFreezy」は北西部の187店舗とアイルランドの一部店舗で取り扱われており、こちらも9月3日まで提供される。

欧米で対照的なマクドナルドのビーガン化のあゆみ

出典:マクドナルド

マクドナルドは2023年末の時点で、115ヵ国に41,822店舗を展開する世界トップクラスのファーストフードチェーンだ。強固なブランド力、圧倒的な影響力、広範な展開地域から、ビーガン対応の取り組みが代替タンパク質業界から注目されている。

マクドナルドの店舗数を主要地域別にみると、アメリカは13,457、イギリスは1,436、ドイツは1,385、中国は5,903、日本は2,982と、アメリカが圧倒的に多い

そのビーガン化への取り組みは、アメリカと欧州とで対照的だ。

ビヨンドミートと共同開発したマックプラントは2021年にイギリス一部店舗で導入され、2022年にはイギリスとアイルランド全土の店舗に導入された。現在もメニューに導入されている。

ドイツでは2023年2月にマックプラントのバーガー・ナゲットが導入された。現在もドイツではメニューに導入されている。

出典:マクドナルド

一方、アメリカでは2021年に8店舗でマックプラントを試験導入、2022年1月に対象箇所を600店舗に拡大したが、同年8月に試験販売が終了していることが各メディアで報じられた。現在もアメリカではメニューに導入されていない。

ビーガンアイスクリームがイギリスで本格導入されるかは試験販売への反響による。成功すれば、イギリスに続き、ドイツ、オランダオーストリアなどマックプラントが本格導入される国でも導入される可能性がある。

 

参考記事

McDonald’s Trials Vegan Ice Cream in the UK

Vegan McFlurry: McDonald’s Rolls Out Dairy-Free Ice Cream in the UK

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:マクドナルド

 

関連記事

  1. Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.…
  2. ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達…
  3. Motif FoodWorksが新成分ヘム「HEMAMI」を発売…
  4. 中国の培養肉企業Joes Future Food、パイロット工場…
  5. GFIが「植物分子農業」を代替タンパク質の第4の柱として注目
  6. 精密発酵:8ヵ月にわたる企業・政府動向の全記録【Foovo独自調…
  7. 大手食肉加工のJBS、ブラジルで培養タンパク質の研究施設建設を開…
  8. Change Foodsが約13億円を調達、精密発酵の市場投入を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

エンドウ豆由来の代替ミルクを展開する米Ripple Foodsが約72億円を調達

黄エンドウ豆由来の代替ミルクを開発・販売する米Ripple Foodsが4,92…

Meweryが微細藻類を活用した最初の培養肉プロトタイプを発表

チェコの培養肉企業Meweryは、培養豚肉細胞と微細藻類をブレンドした培養肉のプ…

細胞農業で脱カカオを進めるフィンランドのチョコレートメーカーFazer

フィンランドのチョコレートメーカーFazerは、持続可能なカカオ生産に向けて細胞…

ヒマワリ種子のオレオソームで代替脂肪を開発するTime-travelling Milkmanが約1.4億円を調達

ヒマワリの種子からクリーミーな代替乳製品を開発するTime-travelling…

グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで販売開始

日本の徳島大学発ベンチャー企業であるグリラスが、国産の食用コオロギを使用した自社…

ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKvarøy Arctic

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の養殖魚生産量は1990年から2018年…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP