Foovo Deep

Remilkがイスラエルで初めて精密発酵タンパク質の認可を取得

 

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkは27日、イスラエル保健省から精密発酵タンパク質の認可を取得した

これにより、Remilkはイスラエルで認可を取得した最初の企業となり、同社乳タンパク質を使用した製品をイスラエル国内で販売できるようになる。

この発表はまた、イスラエルが精密発酵タンパク質を提供する国のリストに新たに加わったことを意味する。

Remikの共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のAviv Wolff氏は、「これはRemilkだけではなく、世界の代替タンパク質業界、そして精密発酵の重要性を世界で最初に認識した国の1つであるイスラエルにとって、決定的な瞬間です」と述べている。

Wolff氏はまた、「本物のアニマルフリー乳製品がイスラエル市場へ投入されることで、イスラエルは、グローバルな食品技術の研究開発の最前線に立つだけでなく、新しい食消費で世界をリードする市場になります」と述べている。

「乳製品市場の様相を変える」精密発酵

出典:Remilk

先週、Remilkが精密発酵タンパク質でまもなくイスラエル当局から認可を取得することが報じられた。そして今回、イスラエル保健省は厳格な審査の結果、Remilkの乳タンパク質が「安全で、高品質で、牛由来の成分と同等である」ことを認めた。

Remilkは昨年6月、アメリカ食品医薬品局(FDA)の要求事項に準拠してGRAS自己認証を取得。今年2月にはFDAから「異議なし」のレター(No questions letter)を受け取るとともに、シンガポール食品庁(SFA)から販売認可を取得した。今回の発表により、Remilkは3大陸で認可を取得したこととなる。

Remilkの共同創業者兼CTO(最高技術責任者)のOri Cohavi氏は、「Remilkの研究チームによる画期的成果は、ビタミンや酵素など食品産業用の成分を少量作成するために何十年にわたり使用されてきた技術を変換し、食品業界で最も重要で高品質な成分の1つの製造に成功したことにあります。工業規模で生産される当社の乳タンパク質は、乳製品市場の様相を事実上、変えることを可能にします」と述べている。

精密発酵各社の認可状況/イスラエル発のスタートアップ

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Remilk

 

関連記事

  1. 精密発酵でカゼインを開発するMuu、韓国のロッテ精密化学とMOU…
  2. MeaTechの子会社Peace of Meat、培養肉の実証プ…
  3. Wilk、細胞培養乳脂肪を使った「世界初」のヨーグルトを開発する…
  4. ネスレが精密発酵ホエイを使用したプロテインパウダー製品を発売|2…
  5. セイバーイートが植物肉用3Dプリンターをアメリカの大学へ初導入
  6. シンガポール・イスラーム評議会、特定条件下で培養肉をハラールと認…
  7. チーズ大手のベル、精密発酵企業Standing Ovationと…
  8. インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵でカゼインを開発するMuu、韓国のロッテ精密化学とMOUを締結

精密発酵によるカゼイン開発に取り組むタイのMuuは今月、韓国の大手化学メーカーロ…

EUから出資を受けるドイツの微細藻類スタートアップQuazy Foodsが約1.3億円を調達

ドイツ、ベルリンを拠点とする微細藻類スタートアップのQuazy Foods(旧称…

【現地レポ】精密発酵乳タンパク質を使用したアイスクリーム実食レビュー@シンガポール

シンガポールでは2022年8月より、Coolhausブランドというアニマルフリー…

米Meati Foodsが菌糸体由来の代替肉を製造する生産工場「メガランチ」を開設

菌糸体からブロックタイプの代替肉を開発する米Meati Foodsは今月、コロラ…

Motif FoodWorksが新成分ヘム「HEMAMI」を発売、新施設の建設も発表

植物ベース食品のアップデートに取り組む米Motif FoodWorksが開発した…

パーフェクトデイの子会社The Urgent Companyがアイスクリーム企業を買収、精密発酵タンパク質の普及がさらに加速

パーフェクトデイの子会社であるThe Urgent Companyが2021年1…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP