代替プロテイン

UMAMI UNITEDの植物性代替卵「UMAMI EGG」が都内レストランに登場

 

シンガポール、日本に拠点を構えるUMAMI UNITEDが開発した植物性の代替卵「UMAMI EGG」が、今月18日にオープンする都内のビーガンレストランOSCAR導入される

「UMAMI EGG」はこんにゃく粉、かぼちゃ粉末、きくらげなど植物成分を使って開発されたアレルゲンフリーな代替卵となる。

植物性代替卵「UMAMI EGG」が都内レストランに登場

出典:UMAMI UNITED

UMAMI UNITEDは、日本人起業家の山﨑寛斗氏が2021年にシンガポールに設立した代替卵を製造販売するスタートアップ。今年3月には日本法人(UMAMI UNITED JAPAN)が設立された。

同社は発酵技術を活用して作られた酵素を利用し、あらゆる野菜から旨みを引き出すことに成功。今年2月、この技術と日本の食材を活用した代替卵パウダー「UMAMI EGG」の業務用販売を開始した。4月には、ベーカリー用にも使える「UMAMI EGG 2.0」を発売

同社オンラインサイトでは現在、業務用、個人用の「UMAMI EGG」が販売されている。

「UMAMI EGG」は、加熱凝固性、保形性、保水性の特性をもつこんにゃく粉と、酵素技術できくらげから引き出した旨み成分使用している。豆乳に「UMAMI EGG」パウダーを混ぜて使用し、スクランブルエッグ、オムレツから、パンケーキ、カスタードクリームなど作れるものは多様だ。

UMAMI UNITEDチーム 左から2人目が山﨑寛斗氏 出典:UMAMI UNITED

同社はまた、「UMAMI EGG」姉妹商品の「らくぷりんミックス」を活用した「おやつでワンテーブルプロジェクト」を実施している。このプロジェクトでは、子どもが食の多様性に触れるきっかけを作るため、全国の幼稚園・保育園などに同製品100食を無償提供している。

山﨑氏はこれまでに、ドイツのNGO団体ProVeg Internationalが主催するインキュベーションプログラムや、シンガポールのフードテック特化型アクセラレーションプログラムBig Idea Venturesに選出されている。

2028年には30億ドル以上に拡大が予想される代替卵市場

出典:UMAMI UNITED

UMAMI UNITEDは国内での事業拡大を目指しながら、台湾・香港などアジア市場への進出、その後はアメリカ、欧州進出も視野にいれている

集団飼育による抗生物質使用のほか、鳥インフルエンザ発生による殺処分、アレルゲンフリー製品への需要などから、代替卵市場は拡大している。世界の代替卵市場は、2021年の19億2000万ドルから2028年には30億ドル以上に拡大すると予想されている

国内ではキューピーが植物成分を使用した代替卵「HOBOTAMA」を2021年6月に業務用に発売。今年3月には個人向け販売も開始した

海外では培養肉・植物卵を手掛ける米イート・ジャストが、緑豆を主原料とした液状代替卵「JUST Egg」をアメリカ、アフリカ、中国、シンガポール、カナダ、香港、韓国などグローバルに展開している。同社は4月、欧州当局の認可を取得した

代替卵の開発では、形態の多様化が見られており、ゆで卵状の製品や、目玉焼きにできるタイプ、さらには殻付きの代替卵も開発されている。アメリカでは、精密発酵技術を使い、鶏卵と同一の卵白タンパク質を開発製造するスタートアップも登場している。

 

参考記事

【植物生まれのたまご】プラントベースがもっと身近に!UMAMI EGGが都内レストランに続々登場!

【ONE TABLE】UMAMIに特化した日本食プラントベースブランド「UMAMI UNITED」が2月3日(木)発売開始

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:UMAMI UNITED

 

関連記事

  1. コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達
  2. Sophie’s BioNutrientsが微細藻類を活用したチ…
  3. ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達…
  4. 鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego …
  5. 【10/26】日本発の培養肉企業ダイバースファーム社セミナー開催…
  6. Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養…
  7. 昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達…
  8. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…

おすすめ記事

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円を調達

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaがシードラウンドで300万ドル(…

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円を調達

植物ベースのチーズを開発するNobell FoodsがシリーズBラウンドで750…

Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイプを発表

韓国の培養肉企業SpaceFは、既存の培養豚肉プロトタイプをさらにアップグレード…

廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大の醸造会社の大麦をアップサイクル

世界で1年間に醸造で使用される大麦は900万トンとされる。使用済みの大麦…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/30 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP