代替プロテイン

UMAMI UNITEDの植物性代替卵「UMAMI EGG」が都内レストランに登場

 

シンガポール、日本に拠点を構えるUMAMI UNITEDが開発した植物性の代替卵「UMAMI EGG」が、今月18日にオープンする都内のビーガンレストランOSCAR導入される

「UMAMI EGG」はこんにゃく粉、かぼちゃ粉末、きくらげなど植物成分を使って開発されたアレルゲンフリーな代替卵となる。

植物性代替卵「UMAMI EGG」が都内レストランに登場

出典:UMAMI UNITED

UMAMI UNITEDは、日本人起業家の山﨑寛斗氏が2021年にシンガポールに設立した代替卵を製造販売するスタートアップ。今年3月には日本法人(UMAMI UNITED JAPAN)が設立された。

同社は発酵技術を活用して作られた酵素を利用し、あらゆる野菜から旨みを引き出すことに成功。今年2月、この技術と日本の食材を活用した代替卵パウダー「UMAMI EGG」の業務用販売を開始した。4月には、ベーカリー用にも使える「UMAMI EGG 2.0」を発売

同社オンラインサイトでは現在、業務用、個人用の「UMAMI EGG」が販売されている。

「UMAMI EGG」は、加熱凝固性、保形性、保水性の特性をもつこんにゃく粉と、酵素技術できくらげから引き出した旨み成分使用している。豆乳に「UMAMI EGG」パウダーを混ぜて使用し、スクランブルエッグ、オムレツから、パンケーキ、カスタードクリームなど作れるものは多様だ。

UMAMI UNITEDチーム 左から2人目が山﨑寛斗氏 出典:UMAMI UNITED

同社はまた、「UMAMI EGG」姉妹商品の「らくぷりんミックス」を活用した「おやつでワンテーブルプロジェクト」を実施している。このプロジェクトでは、子どもが食の多様性に触れるきっかけを作るため、全国の幼稚園・保育園などに同製品100食を無償提供している。

山﨑氏はこれまでに、ドイツのNGO団体ProVeg Internationalが主催するインキュベーションプログラムや、シンガポールのフードテック特化型アクセラレーションプログラムBig Idea Venturesに選出されている。

2028年には30億ドル以上に拡大が予想される代替卵市場

出典:UMAMI UNITED

UMAMI UNITEDは国内での事業拡大を目指しながら、台湾・香港などアジア市場への進出、その後はアメリカ、欧州進出も視野にいれている

集団飼育による抗生物質使用のほか、鳥インフルエンザ発生による殺処分、アレルゲンフリー製品への需要などから、代替卵市場は拡大している。世界の代替卵市場は、2021年の19億2000万ドルから2028年には30億ドル以上に拡大すると予想されている

国内ではキューピーが植物成分を使用した代替卵「HOBOTAMA」を2021年6月に業務用に発売。今年3月には個人向け販売も開始した

海外では培養肉・植物卵を手掛ける米イート・ジャストが、緑豆を主原料とした液状代替卵「JUST Egg」をアメリカ、アフリカ、中国、シンガポール、カナダ、香港、韓国などグローバルに展開している。同社は4月、欧州当局の認可を取得した

代替卵の開発では、形態の多様化が見られており、ゆで卵状の製品や、目玉焼きにできるタイプ、さらには殻付きの代替卵も開発されている。アメリカでは、精密発酵技術を使い、鶏卵と同一の卵白タンパク質を開発製造するスタートアップも登場している。

 

参考記事

【植物生まれのたまご】プラントベースがもっと身近に!UMAMI EGGが都内レストランに続々登場!

【ONE TABLE】UMAMIに特化した日本食プラントベースブランド「UMAMI UNITED」が2月3日(木)発売開始

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:UMAMI UNITED

 

関連記事

  1. 精密発酵でヘムを開発するPaleoが約17億円を調達、植物性食品…
  2. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  3. 南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の…
  4. DAIZが植物性代替卵「ミラクルエッグ」の開発に成功、ハイブリッ…
  5. ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発…
  6. 香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!
  7. Future Fieldsが約15億円を調達、ショウジョウバエで…
  8. 米ビール大手のモルソン・クアーズが植物性ミルク市場へ進出

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

全自動のパン製造ロボットBreadBot、昨年より米スーパーに本格導入

Wilkinson Baking Companyが開発したパンを自動製造するロボ…

精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億円を調達

アジアに新たな精密発酵企業が登場した。インドのPhyx44は、シードラウンドで1…

スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円を追加調達

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが追加で180万ユーロ(約2億3千万円)…

アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施設をオープン|CEO Francisco Codoner氏にインタビュー

今年、シンガポールで食品に特化した精密発酵施設が2施設オープンする。食品…

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援するRefarm’d

畜産農家のなかには、古くからのやり方はよくないと思いながらも、ほかに生計を立てる…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP