代替プロテイン

米The EVERY Company、代替肉への精密発酵タンパク質使用で南米の加工食品大手Grupo Nutresaと提携

 

精密発酵で卵白タンパク質を開発するThe EVERY Companyは今月、南米の大手加工食品会社Grupo Nutresaと提携したことを発表した

二社は提携の一環で、EVERYの精密発酵による卵白タンパク質EggWhiteをNutresaの代替肉製品に使用する試験や共同開発を行う。EVERYのタンパク質を活用することで、卵を使用せずに味、食感、口当たりを向上させる製品開発の加速を目的としている。

Grupo Nutresaはコロンビア最大のCPG会社であり、南米の大手加工食品会社の1つ。コロンビアを中心に中南米でコールドカット(スライスした冷製肉など)、ビスケット、チョコレート、コーヒー、アイスクリーム、パスタなどさまざまな食品を展開している。

二社は初期段階では、Nutresaが展開するZenúPietranブランドにおけるベジタリアン製品で、結着剤として使用される卵白をEggWhiteに置き換えるとしている。

出典:The Every Company

EVERYの卵白タンパク質は、アニマルフリーでありながら動物由来と同等のタンパク質であり、食品メーカーは同社のEggWhiteを使用することで、従来の動物性タンパク質に伴う疾患リスク、商品価格の変動、環境への影響を回避できるほか、製品のアニマルフリー化を促進できる。

酵母など微生物を「ミニ工場」として、動物に頼らずタンパク質など特定成分を生産する手法を精密発酵という。EVERYは遺伝子組換え微生物を「作り手」「ミニ工場」とする精密発酵により、鶏に頼らずに卵白タンパク質を開発し、世界で最初に卵白タンパク質を上市した企業となる。

これまでにドリンクやアルコールに添加しても色や味に影響を与えないEVERY Proteinやマカロンの製造に使用できるEggWhiteを開発してきた。

EVERYは公式サイトで自社タンパク質の主要なB2B用途としてベーカリー代替肉の2カテゴリを挙げている。代替肉の場合では、EggWhiteを使用することで、特に「肉らしい食感」をもたらせると述べている

EggWhiteを結着剤として使用することで、Nutresaは「動物性食品や過度に加工された結着剤」を使用せずに、自社の代替肉製品をより本物に近づけられる可能性がある。

出典:The Every Company/Pulp Culture

EVERYの製品はこれまでに、EVERY Proteinを使用したスムージーアルコール飲料や、EggWhiteを使用したマカロンなどの形態で市場に投入されてきた。今年5月には代替肉の共同開発でプラントベースブランドAlpha Foodsとの提携を発表した。Alpha Foodsとの提携でも、代替肉に結着剤としてEggWhiteを使用するとしている。

EggWhiteを使用した製品をAlpha Foodsが販売しているかは確認できていないが、今後もベーカリー、代替肉を中心にEVERYは自社タンパク質を導入していくと予想される。

精密発酵で卵タンパク質を開発する企業には、EVERYのほかにフィンランドのOnego BioEggmented RealityOTROなどが確認されている。

 

参考記事

The EVERY Company and Grupo Nutresa Enter Collaboration Agreement

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:The Every Company

 

関連記事

  1. ScaleUp Bio 、食品用途の2つの精密発酵施設を来年シン…
  2. Mogale Meatがアフリカで初の培養鶏胸肉を発表
  3. アレフ・ファームズ、タイ初の培養肉工場建設でBBGI、Fermb…
  4. 代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出
  5. 代替母乳のTurtleTree、カリフォルニアに研究施設開設を発…
  6. ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中…
  7. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…
  8. 【現地レポ】カナダのNew School Foods、ホールカッ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

フィンランド発、Hailiaの挑戦:魚の副産物から人間用のスマートシーフード製品の創出

十分に活用しきれていなかった魚の副産物をヒト向けのシーフード製品にアップサイクル…

とうもろこしから作られる砂糖|植物繊維のアップサイクルで砂糖を開発する英The Supplant Company(サプラント)

代替品でもなく、人工的に合成されたものでもなく、自然由来で健康に優しい砂糖が登場…

培養肉アレフ・ファームズ、安価でオープンな増殖培地の開発でWACKERと提携

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズとドイツの化学メーカーWACKERは、培…

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

フードロスに取り組むデンマーク企業Too Good To Goが2570万ユーロ…

アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携

イスラエルのアレフファームズとブラジル大手の食肉メーカーBRFは、培養肉の開発と…

精密発酵:8ヵ月にわたる企業・政府動向の全記録【Foovo独自調査】

昨年にPerfect DayのB2Bシフトが報じられ、1月にはPerfect D…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP