代替プロテイン

TurtleTree、精密発酵ラクトフェリンの上市に向けて最初の商業パートナーシップを締結

 

精密発酵でラクトフェリンを開発するTurtleTreeが初の商業パートナーシップを締結した

同社は8日、精密発酵ラクトフェリンを使用した機能的なエスプレッソを市場投入するため、Cadence Performance Coffeeと提携したことを発表した。

TurtleTreeは昨年11月、精密発酵によるウシラクトフェリンLF+について、世界で初めてアメリカのGRAS自己認証ステータスの取得を発表した。プレスリリースによると、エスプレッソは塩キャラメルオリジナルの2種類のフレーバーで提供され、今後数ヵ月以内に予約注文を受け付ける。

ラクトフェリンを加えた機能性コーヒー

出典:TurtleTree

なぜコーヒーにラクトフェリンなのか。実は、コーヒーに含まれるカフェインは食事から亜鉛や鉄の吸収を低下させることが知られている。

一方、ラクトフェリンには、鉄と結合する能力があり、免疫や腸の健康にも良い働きがあるとされている。コーヒーにラクトフェリンを添加することで、カフェインの悪影響を相殺し、忙しいライフスタイルでも手軽に機能性成分を取ることができるわけだ。

出典:TurtleTree

人のパフォーマンス向上を重視するCadence Performance Coffeeは、これまでアスリート、宇宙飛行士、軍隊、ハードワーカーなどに栄養製品を提供してきた。ラクトフェリンを添加したエスプレッソを飲むことで、アスリートは手軽に鉄欠乏による疲労、息切れ、脱力感など、パフォーマンスに影響を及ぼす問題に対処できることが期待できる。

Cadence Performance Coffeeの創業者であるDan LaValley氏は、LF+のメリットを加えることで、健康を増進する便利で美味しい方法をアスリートに提供できると考えている。

ラクトフェリンをあらゆる層に届ける

Fengru Lin氏 出典:TurtleTree

ラクトフェリン市場は乳児用調製粉乳がほぼ独占しており、全製品の約62%を占めていること、他のデータではほぼ80%を占めているため成人が消費できるのはごく一部だとTurtleTreeは指摘している

同社が精密発酵ラクトフェリンの最初の市場投入として、乳児用ではなくコーヒーを選んだ背景に、現在の乳児に限定されたラクトフェリン用途をあらゆる層に広げたい考えがあることは明白だ。

ラクトフェリン市場の約62%は乳児向け 出典:TurtleTree

TurtleTreeのCEO(最高経営責任者)であるFengru Lin氏もプレスリリースで次のように述べている

「この提携により、ラクトフェリンを乳幼児以外の人々にとってもグローバルなサプライチェーンでより利用しやすくする必要性があること、当社がそのギャップを埋める手段を持つことを証明します」(Fengru Lin氏)

1kgの精製ラクトフェリンを生成するには10,000Lの牛乳が必要になると言われ、ラクトフェリンの需要は供給を大幅に上回る。限られた供給ゆえに、ラクトフェリンは優れた作用にも関わらず、粉ミルク以外の他の用途にはほとんど使用されていないとTurtleTreeは以前から指摘してきた

LF+を添加した植物性ミルク 試食会の様子 出典:TurtleTree

精密発酵によるラクトフェリンは、高齢者、アスリート、毎日の栄養補給、植物性乳製品など、あらゆる層で幅広い用途が期待される。

ラクトフェリンを開発する企業

出典:TurtleTree

今回のニュースは精密発酵でラクトフェリンを開発する他社にとって朗報だ。

ラクトフェリンでGRAS自己認証を取得しているのはTurtleTreeだけだが、同社の他にも、ポルトガルのPFx Biotech、米Helaina、ニュージーランドのDaisy Lab、オーストラリアのAll G Foodsなど少なくとも7社が確認されており、各社が認可を取得後、どのような用途で上市していくか注目される。

 

参考記事

TurtleTree Secures First Commercial Partnership Focused on Delivering Performance Benefits to Endurance Athletes

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:TurtleTree

 

関連記事

  1. 藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Food…
  2. スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売
  3. ソーラーフーズがフィンランド薬局年金基金から約13億円を調達
  4. 培養肉企業Meatableがオランダに新しいパイロット工場を開設…
  5. Upside Foods、シカゴ近郊に商用規模の培養肉工場を建設…
  6. 高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Te…
  7. 植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約1…
  8. 培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売

ネスレ・マレーシアが植物性食品に特化した生産施設をマレーシアに開設した。…

代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販化を目指す

水産資源の枯渇が懸念される中、カリフォルニア州サンマテオに新たな代替シーフード企…

培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロにも参入、2022年までに市販化へ

培養魚を開発するアメリカのFinless Foodsが、植物性代替マグロに参入す…

米Ayana Bio、植物細胞培養でカカオなどの生理活性物質の開発を加速

アメリカ、ボストンを拠点とするAyana Bioは、カカオ、レモンバーム、エキナ…

独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・欧州進出を目指す

オーストラリアの主要代替肉プレーヤーv2foodがシリーズBで7200万豪ドル(…

微生物発酵CDMOのスイス企業Planetaryがコニカミノルタと提携、発酵タンパク質の生産性向上・コスト削減を目指す

スイスに拠点を置くバイオマス発酵・精密発酵のCDMO企業Planetaryは今月…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP