Foovo Deep

食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Foodsの買収で合意

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

ブラジルの食肉加工世界最大手JBSは18日、スペインの培養肉企業BioTech Foods買収で合意、培養肉市場に参入することを発表した

JBSはスペインに新しい生産工場を建設するほか、ブラジルに最初の培養タンパク質の研究開発センターを設立することを発表した。2つの施設建設にJBSは1億ドルを投じる。

ブラジルの研究開発センターは2022年に開設予定で、第2フェーズでは10,000平方メートルの工場を備える。

JBSのグローバルCEOであるGilberto Tomazoni氏は「今回の買収により、新製品の開発から商品化まで、世界的な食料需要の高まりに対応するためのイノベーション戦略が強化される。当社の生産能力と技術的ノウハウを組み合わせることで、培養タンパク質市場の発展を加速することができる」とコメントしている。

今年、ネスレ三菱商事ノマド・フーズなど世界的な食品関連企業が培養肉企業と提携しているが、Foovoの認識では、食肉加工大手が培養肉企業を買収するのはこれが初となる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイ…
  2. 微生物・空気・電気からタンパク質を生産するソーラーフーズ、年内に…
  3. タイソンの植物肉ブランドRaised & Rooted…
  4. 培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサ…
  5. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…
  6. 世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン…
  7. 米UPSIDE Foodsが培養鶏肉の提供でミシュラン星付きシェ…
  8. 【10/26】日本発の培養肉企業ダイバースファーム社セミナー開催…

おすすめ記事

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシン…

培養シーフードのShiok Meatsが培養肉企業Gaia Foodsを買収

シンガポールの培養シーフード企業Shiok MeatsがGaia Foodsの株…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

【12月】Foovoセミナーのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,881円(12/08 16:00時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/09 09:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(12/08 20:43時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP