Foovo Deep

CSIROが支援するEden Brewが約6.4億円を調達、精密発酵によるアイスクリーム開発を加速

 

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するオーストラリア企業Eden Brewが500万ドル(約6億4000万円)を調達した。資金調達ラウンドは継続しており、同社は2000万ドル(約25億円)の調達を目指している

Eden Brewは産業イノベーション科学省傘下のオーストラリア連邦科学産業研究機構CSIRO)、CSIRO のベンチャーキャピタルMain Sequence、大手乳業協同組合のNorcoによって2021年に設立された合弁会社だ。

Main Sequenceはオーストラリア政府のベンチャーキャピタルであり、Norcoはオーストラリア最大の乳業協同組合。NorcoMain SequenceCSIROの関与はオーストラリアが革新的な代替タンパク質技術である精密発酵を重視し、先行するアメリカ・イスラエルに追いつこうとする姿勢の表れといえる。

Eden Brewが牛に頼らずに開発するカゼインタンパク質は、乳糖、コレステロールを含まず、アレルギーを誘発する恐れがない。乳タンパク質のように泡立ち、クリーミーな味わいをもたらすことができる。

今回のラウンドには既存のMain Sequenceに加え、アメリカの食品大手マースが支援するDigitalis Venturesが初参加した。

Eden Brewの設立は一通のレターから始まった

イメージ画像

Eden Brewの誕生は、Main Sequenceのフィル・モール氏がNourish IngredientsのCEOであるジェームズ・ペトリエ氏に送った一通のレターから始まった

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Eden Brew

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. とうもろこしから作られる砂糖|植物繊維のアップサイクルで砂糖を開…
  2. 培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表
  3. 代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン
  4. ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売
  5. サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Bioscie…
  6. The EVERY Companyが約198億円を調達、精密発酵…
  7. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…
  8. Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が…

おすすめ記事

イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び成功

イスラエルの培養肉スタートアップFuture Meatが、培養鶏肉の生産コスト削…

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億9000万円を調達

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが150万ユーロ(約1億90…

ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売

代替肉巨人のニュースが止まらない。ビヨンドミートが新しい植物肉バーガーを…

チョコレート大手のマース、精密発酵由来の乳タンパク質を使ったチョコレート製品を発売

米チョコレート大手のマースは16日、精密発酵で開発されたアニマルフリーな乳タンパ…

米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目指す

植物卵・培養肉を開発するアメリカのイート・ジャストが、今年第4四半期から2022…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP