代替プロテイン

CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品の開発を加速

 

魚介類の培養肉スタートアップCellMEATは今回、シリーズAの投資ラウンドを終えて810万ドル(約10億3000万円)の資金を調達した。

Nau lB CapitalBHK Venture CapitalStrong VenturesRyukyung PSG Asset Managementが出資した。増資が成功すれば2022年の後半には資金調達枠の拡張も検討している。

今回の資金調達によりCellMEATは培養エビのプロトタイプを製品するとともに培養カニや培養ロブスターの開発も進めることができる。生産能力も強化しつつあり、シンガポールで計画している上市までに培養エビは日産5~10kgに増やすことを目指している。

CellMEATが2020年5月に初めて資金調達を行ってから2年ほどの間に資金調達は3回目となり調達金額は累計で1,280万ドル(約16億3000万円)、出資者も10社に増えている

培養肉分野への参入は他の大手に遅れたものの、シンガポールを最初の市場に選定するなど、他社に先んじて市場を確保すべくターゲットを明確にして研究開発を加速させているものと考えられる。

シンガポール市場を見据えて

イメージ画像

CellMEATはシンガポール市場に参入することを明言している。シンガポールは今でも培養肉の販売を認可している唯一の国であり培養シーフードも近く同様に認可するだろう。

CellMEATは培養エビをシンガポールで2023年までにはBtoBとBtoCで販売し、アジアへと拡売していくことを目指している。

2021年はCellMEATにとって成功の1年だった。2月にプレシリーズAとして約4.7億円を調達して生産コストの低減をすすめ、12月の初めにはウシ胎児血清(FBS)不使用の培地を開発している。

出典:CellMeat

CellMEATが開発した無血清培地CSF-A1は他の培養肉スタートアップに提供する製品ではなく、同社でのみ使用する培地として開発したものである。この培地を用いることにより培養エビの生産コストを1kgあたり20ドル(約2,500円)まで下げることも可能だとしている。

CellMEATは12月の終わりに世界初の培養独島エビという、これまでで最もインパクトのある製品を発表した。このプロトタイプは自社で権利化した無血清培地を用いて様々な大きさや形状で調製された。

試食での良好な評価を受けてCellMEATはタラバガニのような養殖が難しい高級品種の培養シーフードを開発する計画を明らかにしている。

韓国政府の対応

CellMEATチーム 出典:CellMEAT

設備面の進展にも関わらず韓国国内における製品化には依然として課題があるため、CellMEATはシンガポールを最初の上市先として見据えている。

韓国政府は培養肉の正式な定義についてもまだ認可していないために規格の概要も決まっていない。今後、培養肉製品を販売するうえで重要になる生産規格やその他の管理項目にもその影響が及ぶだろう。

培養シーフードの生産販売をめぐるせめぎ合い

出典:CellMeat

アジアでは魚介類に対する需要が高いことから培養肉はフードテックにとって重要な選択肢である。シンガポールのShiok MeatsUmami Meats、香港のAvant Meatsなど多くの会社が将来の食資源として持続可能な魚介類を確保しようとしている。

培養シーフードを消費者に届ける競争をCellMEATと行っているのは米国のUpside Foodsである。CellMEATの無血清培地の発表があった後、ウィスコンシンの培養シーフードのスタートアップでCellMEATと同様にロブスターや高価格帯の甲殻類をターゲットとしているCultured Decadenceを買収している。

カリフォルニアではBlueNaluがハワイの高級魚マヒマヒやマグロの培養製品の開発を進めており、昨年には既存の水産会社タイユニオンや三菱商事と提携してアジアに展開する基盤を得ようとしている。

 

参考記事

CellMEAT Nets $8.1 Million For Prototype Shrimp Scaling And Crustacean R&D

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:CellMEAT

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…
  2. バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog F…
  3. 香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を…
  4. アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子…
  5. 6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カ…
  6. 南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の…
  7. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…
  8. 培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養…

おすすめ記事

二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド国営電力会社と提携

二酸化炭素を原料に持続可能で高品質な食品・飼料用タンパク質を開発するイギリス企業…

香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!

香港発の代替肉スタートアップ企業グリーンマンデーが、代替豚肉に続いて代替魚に参入…

肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培養ソーセージの市販化を目指す

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmは、2023年までにイギリスの小売…

二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branchが約10億円を調達

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するDeep BranchがシリーズAで800…

培養肉企業メンフィス・ミーツが社名をUPSIDE Foodsに変更、年内に培養鶏肉の販売を目指す

世界で最初に培養肉バーガーを発表し、話題を呼んだオランダ企業モサミートとあわせて…

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

シンガポールの医薬品受託製造開発機関(CDMO)であるEsco Asterが、シ…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP