代替プロテイン

100%スピルリナ由来の代替スモークサーモンを開発するSimpliiGood

 

スピルリナを活用して代替タンパク質を開発するイスラエル企業SimpliiGoodは、現在、原料のリーディングカンパニーであるIFF(インターナショナル・フレーバー&フレグランス)と提携し、スピルリナのみを使用した代替スモークサーモンの開発に取り組んでいる。

製品は2023年末までに市場に投入される予定だという。開発では、SimpliiGoodが原料、食感、色を、IFFが風味、香料を提供する。

2020年のサーモンの世界売上高は130億ユーロに達した。過剰漁獲が指摘され、サーモンの販売価格が上昇を続けるなか、SimpliiGoodのスモークサーモンは、持続可能で健康に優しい代替サーモンとして期待される。

100%スピルリナ由来の代替スモークサーモン

サーモンの販売価格は上昇している 出典:Office for National Statistics

2015年に設立されたSimpliiGoodは、藍藻の培養と収穫、スピルリナを中心とした食品生産に注力している代替タンパク質企業だ。同社はこれまでに、ハンバーガーやチキンナゲットなどの代替肉、アイスクリーム、飲料などを生産しており、これらの製品ではスピルリナを基本原料、または栄養を補強する原料として使用している。

現在開発している代替サーモンは、イスラエルの食品企業や消費者に提供される予定だという。

SimpliiGoodの代替スモークサーモンは2つの画期的技術を基盤としている。1つは、スピルリナのみを使用してサーモンのような切り身を形成し、本物の魚と同じ食感をもたらす構造化プラットフォーム。もう1つは、スピルリナに自然に存在するβカロテン色素を同定して分離した、サーモンのようなオレンジ色素となる。

これにより、スピルリナだけを使用して、外見、色、食感、風味が本物に似た代替サーモンを開発している。SimpliiGoodのスモークサーモンは、最小限に加工された新鮮なスピルリナを100%使用し、含有タンパク質は40%となる。

スーパーフード、スピルリナを活用した代替タンパク質開発

出典:SimpliiGood

スピルリナは地球上で最も栄養豊富な植物由来タンパク質の1つとして知られている。抗酸化物質、クロロフィル、ビタミンB12を含むビタミン、鉄分を中心としたミネラルなど様々な栄養素を含むスーパーフードと言われる。

SimpliiGoodによると、スピルリナ市場はまだ歴史が浅く、市場で入手できる製品は乾燥状、粉末状のものが主流となる。SimpliiGoodは100%生の新鮮なスピルリナの菌株を培養、販売しており、あらゆる食品用途への使用を目指している。

国内では、ちとせグループが立ち上げたタベルモが生スピルリナを活用した製品を展開している。同社は新鮮なまま瞬間冷凍した生スピルリナをB2B、B2Cで展開しており、先月には、JALグループの限定機内食で、同社スピルリナを使用したハンバーガーが提供された

このレシピでは、大豆由来のパティに、スピルリナ・豆腐・植物油脂を使用した代替マヨネーズ「エコマヨ」、スピルリナを使用したバンズが使用された。「エコマヨ」はタベルモが近日発売予定の新製品となる。

 

参考記事

IFF Joins SimpliiGood to Develop Smoked Salmon From Spirulina

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:SimpliiGood

 

関連記事

  1. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  2. アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施…
  3. 2023年精密発酵業界の全貌:認可企業の動向、2024年予測、C…
  4. ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表
  5. ひよこ豆由来のタンパク質を開発するInnovoProが約3億円を…
  6. 酵母由来の代替パーム油を開発するオランダのNoPalm Ingr…
  7. 代替油脂の米Lypidが台湾大手コーヒーチェーンと提携、500店…
  8. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで販売開始

日本の徳島大学発ベンチャー企業であるグリラスが、国産の食用コオロギを使用した自社…

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを60…

イスラエルのWanda Fish、初となる培養マグロの試作品を発表、2025年に承認申請へ

イスラエルの培養魚企業Wanda Fishは、同社初となる培養マグロによる刺身・…

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

イスラエル企業Ansāが開発した電波を利用したコーヒー焙煎機e23

イスラエルのスタートアップ企業Ansāが開発したコーヒー焙煎機e23によって、職…

米ビール大手のモルソン・クアーズが植物性ミルク市場へ進出

アメリカ大手のビール会社であるモルソン・クアーズ(Molson Coors)は、…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/21 21:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 01:23時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/22 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/21 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP