代替プロテイン

Current Foodsが生食用代替シーフードのDtoC予約販売受付を開始

 

代替シーフードを開発・製造するアメリカ企業Current Foods(旧Kuleana)は2月、DtoCで代替まぐろと代替サーモンを購入できる予約登録の受付を始めた

以前まではレストラン(Blue Sushi Sake GrillMatthew Kenney Cuisineなど)やスーパーマーケット(Erewhon Market)、ヴィーガン通信販売サイト(GTFO It’s Vegan)からのみ購入可能であったが、今回から自社ECサイトでの購入が可能になる。

代替シーフードのゴールへ着実に近づく一歩

出典:Kuleana

Current Foods共同創業者兼CEOのJacek Prus氏は、「我々が会社を立ち上げてから3年間、ゴールはずっと『海を汚染することなくシーフードのベストな味や食感、栄養価を創造すること』だった。今回のリリースは、このゴールへ近づくための大きな一歩になる」と話している。

「これらの商品は毎日の食卓に並べられるようになるので、皆さんにはポケやマリネ、クルードなどで楽しんでほしい」とJacek氏は話す。

“2021年最高の発明“に選出されたCurrent Foods

出典:Current Foods

Current Foodsの代替シーフードは、雑誌Timeで「THE BEST INVENTIONS OF 2021」として選出され、「Catch of Tomorrow」と掲載された。

今までは代替肉が主流であり、ここ数年で代替肉は消費者が手に入れられるまで味や栄養が研究されている。一方、代替シーフードに関しての研究はそこまで進んでいなかった。

そのような中Current Foodsは、栄養価も高い代替シーフードを藻類や麹、大根、竹、じゃがいもなどの植物性食材を使って作った生食用の代替まぐろを開発した。代替まぐろには鉄分やビタミンB12、オメガ3脂肪酸などが含まれており、プラスチックや水銀、高いコレステロールは含まれていない

栄養価がさらにアップし、顧客ターゲット層の拡大へ

出典:Current Foods

Current Foodsは100%植物性の食材を使って代替シーフードを製造しているが、現在使用している材料のひとつであるエンドウ豆たんぱくは、商品にさらに高いたんぱく質を含ませられるほか、その他のオメガ3DHA、鉄分、ビタミンB12、食物繊維の価値を高めることができる。その結果、さらに多くのフレキシタリアンやその他菜食主義者へ訴求することができるようになる。

またCurrent Foodsの代替まぐろはポケ用とスタンダードな切り身の2種類で販売されており、冷蔵だと7日間、冷凍だと最高1年間保存することが可能である。

そしてまぐろと同じように、新しいスモークサーモンもアップデートされており、まぐろもサーモンも、セビーチェ(魚介のマリネ)やカルパッチョ、刺身などで食べることができる

日本の代替シーフード企業

日本では昨年8月、DAIZが植物性ツナの販売を開始した。

ネクストミーツも代替シーフードへ進出を始めている。昨年10月に自社ECサイトで植物性タンパクを主原料としたツナの代替食品「NEXTツナ1.0」を発売、12月にはドラックストアでの販売を開始している。

自社工場を着工するなど、日本の代替肉・代替シーフード業界も盛り上がりを見せている。

 

参考記事

Current Foods Making Waves Bringing Plant-Based Sushi-Grade Seafood Direct to Consumer

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Current Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出
  2. 植物性3Dプリント肉を開発するRedefine Meatが約15…
  3. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  4. 南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の…
  5. Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bio…
  6. 世界初!米Biomilqが細胞培養でヒトの母乳を体外で作製するこ…
  7. オランダ政府が細胞農業に約82億円の出資を発表、国の成長計画とし…
  8. 米イート・ジャストがシンガポール最大の植物性タンパク質工場の建設…

おすすめ記事

ベースフードをお試しした感想⇒継続決定【まずいは嘘】|口コミ・評判

話題の完全栄養食ベースフード(BASE FOOD)のスタートセットを試してみまし…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発、培養肉のコスト削減に挑む

イスラエルのバイオテクノロジー企業BioBetterは、植物のタバコを活用し、培…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウドファインディングをスタート

植物肉という食の選択肢を広げるために、早稲田大学などの学生による学生団体Plan…

菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichromaとは

アルゼンチンのMichroma(ミクロマ)は菌類を活用してビーガンな赤色着色料の…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 18:02時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP