代替プロテイン

ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達

 

ベルギーのフードテック企業Paleoはシードラウンドで200万ユーロ(約2億5700万円)を調達した

Paleoは精密発酵により、プラントベース食品を本物の肉や魚のような味、食感、見た目にするための原料の開発に取り組んでいる。

同社は現在、肉や魚にみられる6つの主要タンパク質の生産プロセスの開発に取り組んでいる。ベルギーのルーヴェン大学と共同で、肉や魚に独自の特性を付与するタンパク質の特定に焦点をあてており、2022年には生産プロセスの拡大を図る。

Paleoは元ベルギー上院議員であるHermes Sanctorum氏と外科医であり起業家のAndy de Jong氏が2020年10月に共同で立ち上げた。

Andy de Jong氏(左)とHermes Sanctorum氏(右) 出典:Paleoの画像をもとにFoovoが作成

Paleoは調達した資金を使い、ベルギー、ティエネンに設立予定の研究開発センター、実証プラント、エクスペリエンスハブを設計する。今後は4000万ユーロのシリーズAラウンドを予定しており、調達資金でこれらの施設を建設する。

精密発酵プレーヤーの多くはアメリカ、イスラエルに多い。Paleoは数少ない欧州発の精密発酵企業となる。

代替タンパク質の第3の柱として注目される微生物発酵は、精密発酵バイオマス発酵に大別される。

微生物発酵への投資は急増している 出典:GFI

精密発酵は動物タンパク質と同等のタンパク質を作るために酵母など微生物を生産工場として使用する手法を指す。精密発酵はインスリンの開発に当初使用された技術で、近年、代替タンパク質の開発でも急速に注目を集めている。

Paleoが開発するタンパク質は、植物肉や植物魚に組み込み、植物由来食品の栄養価を高め、より本物に近い口当たりや風味を再現するために使用される。

精密発酵によるタンパク質は市販化が進んでいる。代表的企業としてアメリカのパーフェクトデイを挙げられる。同社はアイスクリーム、クリームチーズに続き、ホエイタンパク質粉末を市販化しており、先月にはアメリカのスターバックスの一部店舗が同社の代替ミルクを試験導入した

出典:Paleo

元クララフーズで知られるThe Every Companyも今年市販化を実現、今月約198億円を調達した。精密発酵の市場投入ではアメリカが先行しているが、イスラエルや欧州もこれに続くと予想される。

精密発酵で油脂を開発するオーストラリアのNourish Ingredientsが培養肉企業Vowと提携するなど、精密発酵と培養肉の協業事例も報告されている。

 

参考記事

https://www.linkedin.com

Precision Fermentation Startup Paleo Bags €2 Million to ‘Create Ultimate Fish & Meat Experience’

Paleo Raises €2M in Seed Round, Prepares €40M Series A For Precision Fermented Alt Meat & Fish Proteins

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Paleo

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性…
  2. 培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金…
  3. 二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branch…
  4. 2021年の代替タンパク質投資額は50億ドルとGFIが報告、20…
  5. オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフ…
  6. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  7. BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発…
  8. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…

おすすめ記事

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

分子農業パイオニアの英Moolec Science、SPAC経由の上場を計画

植物を活用して動物由来と同等のタンパク質を開発するイギリスの分子農業スタートアッ…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFuture Fields

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsは、これまで技術の詳細…

高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Tech Webinar Fall 2021参加レポート

株式会社アドライト社が代替タンパク質の可能性にフォーカスしたセミナー「Food-…

バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog Foodを設立

スコットランドのリーディングバイオテック企業Roslin Technologie…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/03 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/03 12:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/03 23:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/03 14:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP