インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる日も近いかもしれない。インドのフードロボット企業Mukunda Foodsは、ドーサ、ビリヤニ、ロティなどのインド料理を自動で作れる…

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出

バーガーキングのプラントベースワッパーを食べた正直な感想【何度でも食べたい】

培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogenesisが約3.2億円を調達

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyndが約46億円を資金調達●火山に生息する微生物からタンパク質を開発●2021年の製品化を目指す●ビル・ゲイツの投資フ…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

中国OrionStar(猎户星空)がバリスタロボットRobotic Coffee Masterを発表、コーヒーを皮切りに飲食全体を狙う

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社

この記事では、代替タンパク質の開発に取り組む企業を、原料別にまとめている。代替タンパク質に取り組む企業すべてをとりあげていないが、現在の代替タンパク質開発において、✅どんな材料が使われていて…

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2021…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

おすすめ記事

  1. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功
  2. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す
  3. 空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千万円を調達、2022年までに生産工場稼働へ
  4. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達
  5. 中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始
  6. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

PAGE TOP