中国OriconStar(猎户星空)がバリスタロボットRobotic Coffee Masterを発表、コーヒーを皮切りに飲食全体を狙う

中国Cheetah Mobileのロボット部門であるOriconStar(中国語:猎户星空)は、コーヒーをいれるバリスタロボットRobotic Coffee Master(中国語名:智咖大师)を発表した。北京で行った発表イベントは、…

AngelList初のローリングファンド、Sustainable Food Venturesが設立|代替プロテイン企業を支援

自動殺菌機能付きウォーターボトルのLARQが約10億円を資金調達

Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登場!食料品デリバリーを開始

農業スタートアップRevol Greensが約71億円を資金調達、テキサスに温室施設建設へ

アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズランド大学

イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場の成長を見込む

培養肉スタートアップのモサミートが約58億円を資金調達

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性スナックバーを開発、包装材料も分解可能

香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に工場建設

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商用化が大きく進むかもしれない。培養肉は、動物から採取した幹細胞を増殖させて作られる肉のことをいう。培養肉は幹細胞を培養して牛…

Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性スナックバーを開発、包装材料も分解可能

AngelList初のローリングファンド、Sustainable Food Venturesが設立|代替プロテイン企業を支援

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社を紹介する。代替魚は2つのカテゴリーに分類される。●魚の細胞を増殖させる「培養肉」●植物性の…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

おすすめ記事

  1. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携
  2. 米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に
  3. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う
  4. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

アーカイブ

PAGE TOP