大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円を調達

植物ベースのチーズを開発するNobell FoodsがシリーズBラウンドで7500万ドル(約82億円)を調達した。このラウンドはビル・ゲイツ氏のファンドBreakthrough Energy Venturesが主…

培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガポールに生産工場建設へ

微生物でタンパク質を開発するNature’s Fyndが約385億円を調達、年内に小売で販売、来年はアジアへ

【完全食】ベースクッキーの実食レビュー|罪悪感のない間食にぴったり【口コミ・評判】

培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが約2.4億円のシード資金を調達

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

インポッシブルフーズが今秋に植物チキンナゲット発売へ

農作物の残り物を有用成分にアップサイクルするComet Bioが約24億円を調達

ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億円を調達

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

このニュースのポイント●ユニリーバが植物由来食品の年間売上目標を10億ユーロに設定●5年~7年以内の実現を目指す●代替肉と代替乳製品を強化する●イギリス・テスコは5…

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性スナックバーを開発、包装材料も分解可能

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社

この記事では、代替タンパク質の開発に取り組む企業を、原料別にまとめている。代替タンパク質に取り組む企業すべてをとりあげていないが、現在の代替タンパク質開発において、✅どんな材料が使われていて…

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

Foovoレポート好評販売中

おすすめ記事

  1. 植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功
  2. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定
  3. 自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達
  4. Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る
  5. フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは
  6. 培養肉企業MeaTechがベルギーに培養脂肪のパイロット工場を建設することを発表

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

最新記事

PAGE TOP