食品ECスタートアップFarmsteadが小売業にGrocery OSをリリース、巨人アマゾンに対抗

食品ECのFarmsteadは、自社用食料品デリバリーソフトGrocery OS(グローサリーOS)を米国国内のスーパーマーケットが利用できるようにすることを発表した。Grocery OSのリリースによって、米国…

植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで販売開始

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開発

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社を紹介する。代替魚は2つのカテゴリーに分類される。●魚の細胞を増殖させる「培養肉」●植物性の…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

中国OriconStar(猎户星空)がバリスタロボットRobotic Coffee Masterを発表、コーヒーを皮切りに飲食全体を狙う

Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性スナックバーを開発、包装材料も分解可能

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社を紹介する。代替魚は2つのカテゴリーに分類される。●魚の細胞を増殖させる「培養肉」●植物性の…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

おすすめ記事

  1. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う
  2. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish
  3. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  4. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売
  5. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  6. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携
  7. 植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功
  8. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

アーカイブ

PAGE TOP