全卵タイプの植物性代替卵を開発するYo Egg、アメリカで小売進出を実現

植物性の全卵製品を開発するイスラエル企業Yo Eggが今年3月、アメリカで小売進出を実現した。全卵の代替卵を開発するYo Egg、アメリカで小売進出を実現2021年にイスラエルに設立されたYo Eggは、…

【2024年】マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート発売のお知らせ

菌糸体肉の米Meati Foodsが約155億円を調達、6000箇所以上の小売店に拡大

【5/29】持続可能な畜産業に向けた江田畜産の挑戦|畜産セミナー開催のお知らせ

TurtleTree、精密発酵ラクトフェリンの上市に向けて最初の商業パートナーシップを締結

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するJooulesが約1.5億円を調達

極限環境微生物で代替パーム油を開発するシンガポール企業Biteback Biotechnology|創業者インタビュー

培養肉企業モサミートが約66億円を調達、新たに食肉メーカーからの支援を得る

代替コーヒー開発の最前線:注目のスタートアップ10社とその市場投入動向

韓国が培養肉特区を創設、商用化の鍵となる細胞供給で特例を設ける

シンガポールのtHEMEat、卵殻や廃棄野菜から植物性ヘムを開発

ピックアップ記事

注目記事

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. 分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4社
  2. 英培養肉企業Ivy Farmとバイオテック企業BSF Enterprise、中国進出に向けて提携
  3. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェーデン・デンマークで開始
  4. AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売
  5. ScaleUp Bio、微生物発酵の商用施設についてシンガポール当局から食品製造ライセンスを取得
  6. 米Meati Foodsが菌糸体由来の代替肉を製造する生産工場「メガランチ」を開設

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/18 13:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/17 22:30時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/18 02:16時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/18 18:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/18 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/17 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP