独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・欧州進出を目指す

オーストラリアの主要代替肉プレーヤーv2foodがシリーズBで7200万豪ドル(約58億円)を調達した。これは昨年10月の7700万豪ドルに続くもので、シリーズBの調達総額は1億4900万豪ドル(約120億円)と…

二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutrientsが約5.1億円を調達

【8/24】注目のフードテックベンチャー・ネクストミーツ社佐々木代表のセミナー開催のお知らせ

フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指す

子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート

代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年夏の稼働を目指す

奇跡の植物肉「ミラクルミート」を開発したDAIZに国内外から引き合いが止まらない理由

フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン!

代替肉のRedefine Meatがイスラエルで5つの新商品を発売、年内の欧州進出を目指す

チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続き欧州・アジアを目指す

イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

このニュースのポイント●米パーフェクトデイがシンガポールに新拠点●微生物を使ってアニマルフリーな乳タンパク質を生成●シンガポール科学技術研究庁との共同研究施設●20…

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億円を調達

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社

この記事では、代替タンパク質の開発に取り組む企業を、原料別にまとめている。代替タンパク質に取り組む企業すべてをとりあげていないが、現在の代替タンパク質開発において、✅どんな材料が使われていて…

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

Foovoレポート好評販売中

おすすめ記事

  1. フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは
  2. Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達
  3. MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩「MicroSalt®」を開発
  4. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver
  5. パルシステムを1年使った感想|注文が面倒だけど野菜がおいしい!【口コミ・評判】
  6. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

最新記事

PAGE TOP