フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 2020が13日から3日間オンライン開催

2020年10月13日―15日にSmart Kitchen Summit 2020(SKS2020、スマートキッチンサミット2020)が開催される。SKSとは、フードテック専門米メディアThe Spoonが毎年1…

インドEvo Foodsが代替卵を販売開始、2021年4月に米国進出へ

ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売

大豆ミートを食べてみた感想【意外とおいしい】

スウェーデンHookedが初となる約1800万円を調達、代替ツナで北欧展開を目指す

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作りに

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

省スペースで野菜30個を栽培できるGardyn|スマートでコンパクトな屋内農場

中国OriconStar(猎户星空)がバリスタロボットRobotic Coffee Masterを発表、コーヒーを皮切りに飲食全体を狙う

AngelList初のローリングファンド、Sustainable Food Venturesが設立|代替プロテイン企業を支援

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社を紹介する。代替魚は2つのカテゴリーに分類される。●魚の細胞を増殖させる「培養肉」●植物性の…

中国OriconStar(猎户星空)がバリスタロボットRobotic Coffee Masterを発表、コーヒーを皮切りに飲食全体を狙う

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

AngelList初のローリングファンド、Sustainable Food Venturesが設立|代替プロテイン企業を支援

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社を紹介する。代替魚は2つのカテゴリーに分類される。●魚の細胞を増殖させる「培養肉」●植物性の…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

おすすめ記事

  1. 米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に
  2. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  3. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す
  4. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish
  5. 【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】
  6. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速
  7. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?
  8. Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

アーカイブ

PAGE TOP