トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoodとは

スペインのフードテック企業Mimic Seafoodはユニークな原料を使って代替シーフードを開発している。代替シーフードに取り組む企業の多くは大豆など豆類をベースにしているが、Mimic Seafoodはトマトを…

赤い微細藻類で代替肉を「血の滴る肉」に変えるイスラエル企業Yemoja

ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKvarøy Arctic

ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達

培養肉企業フューチャーミートが約394億円を調達、生産コストを110gあたり1.7ドルに削減

韓国の代替肉企業Zikooinが約26億円を調達、植物肉工場を来年稼働

培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養ステーキ肉の生産に成功

国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功

分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4社

SJW Roboticsがアジア料理を作る自律型ロボットレストランの試作品を公開

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat Just)がシンガポールで培養肉の販売承認を取得●これは世界で初めて販売承認を取得した培養肉●シンガポールのレストランでチ…

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社

この記事では、代替タンパク質の開発に取り組む企業を、原料別にまとめている。代替タンパク質に取り組む企業すべてをとりあげていないが、現在の代替タンパク質開発において、✅どんな材料が使われていて…

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

Foovoセミナーのお知らせ

おすすめ記事

  1. パーフェクトデイの子会社The Urgent Companyがアイスクリーム企業を買収、精密発酵タンパク質の普及がさらに加速
  2. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  3. 精密発酵で母乳タンパク質を開発するHelainaがシリーズAで約22億円を調達
  4. シンガポールのSophie’s Bionutrientsは微細藻類を原料にした代替パテ肉を発表
  5. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び成功
  6. 培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

最新記事

PAGE TOP