精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億円を調達

微生物発酵でアニマルフリーなチーズを開発するドイツ企業FormoがシリーズAで5000万ドル(約55億円)を調達した。Formoは調達した資金で、実証プラントを建設し、商用規模の生産を進め、チームを拡大する。さら…

ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来年に細胞培養ペットフード発売へ

イギリスのマクドナルドがマックプラントを導入、2022年に全国導入へ

ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFuture Fields

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出

3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表

農業に塩水を活用するRed Sea Farmsが約17億円を調達、北米展開も視野に

米UPSIDE Foodsが培養鶏肉の提供でミシュラン星付きシェフと提携

豆を使わずに合成生物学でコーヒーを開発するCompound Foodsが約5億円を調達

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛、豚、魚などの細胞を動物の体の外で培養して開発された、本物と同じ肉のことをいう。家畜の飼育、養殖と比べ、培養肉には&#x…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社

この記事では、代替タンパク質の開発に取り組む企業を、原料別にまとめている。代替タンパク質に取り組む企業すべてをとりあげていないが、現在の代替タンパク質開発において、✅どんな材料が使われていて…

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

Foovoレポート好評販売中

おすすめ記事

  1. 動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億円を調達
  2. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Meatの「Clean meat as a service」
  3. 培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍食品大手のノマド・フーズと提携
  4. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大
  5. 動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達
  6. 【完全食】ベースクッキーの実食レビュー|罪悪感のない間食にぴったり【口コミ・評判】

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

最新記事

PAGE TOP