米Ovieが開発した冷蔵庫の食品を簡単に追跡できるスマートタグLightTags

食べ残しの料理や、蓋を開けたジャムなど「まだ食べられる」と思って冷蔵庫に保存したものが、気づいたら腐敗していた-このような経験は誰もがしたことがあるだろう。冷蔵庫で食品の腐敗を事前に防ぐために、食品の「残り時間」…

米Bond Pet Foods、精密発酵由来の動物タンパク質2トンをペットフード会社に納品

EUが出資するFEASTSが発足:欧州における培養肉・培養シーフードの未来を拓く共同研究コンソーシアム

Remilkがカナダで精密発酵乳タンパク質の認可を取得

Ÿnsectのミールワームタンパク質、アメリカでペットフード製品への使用認可を取得

デンマークの精密発酵企業21st.BIO、持続可能な乳タンパク質生産を可能にするB2Bプラットフォームの提供を発表

チェコの培養肉企業Mewery、チェコ政府から約3200万円の助成金を獲得

米Checkerspot、微細藻類を活用したヒト乳脂肪類似体を開発

米SCiFi Foodsが培養牛肉の最初の商用生産を完了、来年培養ハイブリッド牛肉の上市へ

イングレディオンが砂糖削減ソリューションのBetter Juiceと提携

マイコプロテインを開発するフィンランド企業Eniferが約19億円を調達、2025年末までの商用工場建設を目指す

ピックアップ記事

注目記事

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

Foovoの記事作成方針に関しまして

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. 自律型サービスロボットを開発したBear RoboticsがシリーズBで約100億円を調達
  2. ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発売へ
  3. スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売
  4. UMAMI UNITEDの植物性代替卵「UMAMI EGG」が都内レストランに登場
  5. Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養霜降り牛肉を発表
  6. Current Foodsが生食用代替シーフードのDtoC予約販売受付を開始

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/27 00:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/27 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP