イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場の成長を見込む

米フードテック企業イート・ジャスト(Eat Just)は、上海に初となるFuture Food Studioをオープンする。同社が中国に開設する初の料理スタジオとなり、上海の静安嘉里中心(Jing An Kerry Centre)に…

培養肉スタートアップのモサミートが約58億円を資金調達

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性スナックバーを開発、包装材料も分解可能

香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に工場建設

シンガポールFloat FoodsがインドネシアにフードインキュベーターNEWFOOD Startup 2020設立を発表

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

食品ECスタートアップFarmsteadが小売業にGrocery OSをリリース、巨人アマゾンに対抗

植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで販売開始

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養ロブスター試作品を発表●エビ・ロブスターの次は培養カニを開発予定●2020年までに現行価格1/140のコストダウンを目指す…

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に工場建設

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社

この記事では、代替タンパク質の開発に取り組む企業を、原料別にまとめている。代替タンパク質に取り組む企業すべてをとりあげていないが、現在の代替タンパク質開発において、✅どんな材料が使われていて…

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2021…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

おすすめ記事

  1. 微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ
  2. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功
  3. 培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogenesisが約3.2億円を調達
  4. 6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出
  5. 動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約3.9億円を調達
  6. 培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

PAGE TOP