農業スタートアップRevol Greensが約71億円を資金調達、テキサスに温室施設建設へ

ミネソタ州を拠点に温室農業を展開するRevol Greensは、3つ目の温室施設をテキサス州に建設するために6800万ドル(約71億円)を調達した。ラウンドはEquilibrium Capitalが主導。…

アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズランド大学

イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場の成長を見込む

培養肉スタートアップのモサミートが約58億円を資金調達

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性スナックバーを開発、包装材料も分解可能

香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に工場建設

シンガポールFloat FoodsがインドネシアにフードインキュベーターNEWFOOD Startup 2020設立を発表

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

食品ECスタートアップFarmsteadが小売業にGrocery OSをリリース、巨人アマゾンに対抗

植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

ピックアップ記事

注目記事

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. オーストラリアのVowが約67億円を調達、来年始めにシンガポールで培養肉発売へ
  2. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年夏の稼働を目指す
  3. 菌類タンパク質の業界団体「菌類タンパク質協会(FPA)」が発足
  4. フィンランドの研究チームが細胞培養コーヒー生産に関する論文を発表|コーヒーの持続可能なエコシステム構築に向けて
  5. ダノンが細胞培養母乳を開発するイスラエル企業Wilkに出資
  6. 米The Better Meat Co.がマイコプロテインに対しGRAS認証を取得、米国で4社目

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP