植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

植物由来(プラントベース)の着色料を開発するイスラエルのフードテックスタートアップのPhytolonは約4億円(410万ドル)の資金調達に成功した。同社がこれまでに調達した資金は約5億円(530万ドル)にのぼる。今回の資金調…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで販売開始

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開発

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

ピックアップ記事

注目記事

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. 【現地レポ】シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2022)参加レポート(代替タンパク質にフォーカス)
  2. 培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点-
  3. アレフ・ファームズが培養ステーキ肉「Petit Steak」を発表、年内の販売を計画
  4. Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious Foods立ち上げを発表
  5. Upside Foodsが業界史上最大の約510億円を調達、年内の培養肉市販化を目指してスケールアップを加速
  6. 培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP