培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシアム」が本格始動、細胞農業の社会実装を目指す

日本を代表する培養肉企業インテグリカルチャーによる細胞農業オープンイノベーションプラットフォーム「CulNetコンソーシアム」が本格始動したことが発表された。細胞農業を広く普及させるための各種プラットフォームを構…

廃棄される果物の皮からドライフルーツを製造するRINDが約6.7億円を調達

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億円を調達、植物のSOSを事前にキャッチ

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達

香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!

培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロにも参入、2022年までに市販化へ

イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳製品を開発

カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの小型3Dプリンターを開発

ピックアップ記事

注目記事

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

Foovoの記事作成方針に関しまして

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. Current Foodsが生食用代替シーフードのDtoC予約販売受付を開始
  2. 3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津製作所が協業
  3. 米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画
  4. モサミート、牛脂肪細胞を培養する無血清培地に関する論文を発表
  5. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリカ初の精密発酵プレーヤー
  6. 中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/企業の開発動向/投資動向/法規制】

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP