イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳製品を開発

微生物発酵技術によるアニマルフリーな乳製品開発が盛り上がる中、イスラエルのスタートアップImagindairyが新たにこのリストに加わった。Imagindairyは遺伝子組換えされた酵母を活用して「本物と見分けが…

カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの小型3Dプリンターを開発

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Geltor、今秋市販化へ

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフリーな「骨付きラムチョップ」の開発も視野に

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

塩水で作物を栽培するサウジアラビアのRed Sea Farmsとは

南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャック創業者ダニエル・マイヤー氏から支援を受ける

ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

ピックアップ記事

注目記事

次回Foovoセミナーのご案内

【2024年】培養魚企業レポート販売開始

Foovoの記事作成方針に関しまして

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. EUから出資を受けるドイツの微細藻類スタートアップQuazy Foodsが約1.3億円を調達
  2. フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功
  3. スペインのLibre Foodsが菌糸体由来の代替鶏胸肉を発表、2024年に発売へ
  4. スーパーミート、システムのオープンソース化で培養肉の商用化を加速
  5. 国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功
  6. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP