FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認

FDAがSensientのチョウマメ由来の抽出物を着色料として承認した。Sensientによると、これはFDAが承認した最初の植物由来の天然青色着色料となる。FDAは、スポーツドリンク、炭酸飲料、フルーツジュース…

スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実証プラント建設を発表

植物性チーズのStockeld Dreameryが約21億円を調達

培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍食品大手のノマド・フーズと提携

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億円を調達

ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来年に細胞培養ペットフード発売へ

イギリスのマクドナルドがマックプラントを導入、2022年に全国導入へ

ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFuture Fields

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

ピックアップ記事

注目記事

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. 酵母クリームのCultivated Biosciences、2025年の米国進出に向けて約7.3億円を調達
  2. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ
  3. オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さく、よりスマートな」アジア最大の精密発酵施設ネットワーク構築へ
  4. 植物性チキンナゲットのNowadaysが事業を停止
  5. スーパーミート、システムのオープンソース化で培養肉の商用化を加速
  6. フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP